LIFULL HOME'S

cover
“海外気分”のお部屋で暮らそう!
遠い国の素敵な部屋にココロ惹かれて…
SCROLL
Photo: Hirotomo Onodera(room)、Madoka Sano(front page)、text: Nahoko Sakai
国を限定しないMIXスタイル映画のようなユーロモダンに
国を限定しないMIXスタイル映画のようなユーロモダンに

ユーロモダンが印象的なお部屋にお住まいのYuiさんは、「実は最初から “海外風”を目指したわけではないんです」と笑います。ご自宅を新築した際に「映画で見たようなカラフルな部屋にしたいな」と考え、少しずつ手を加えていくうちに「自分はヨーロッパ圏のインテリアが好き」だと気づいたのだそうです。

モノトーンベースにブルー+オレンジ、ピンクも加えて。日本の家にはあまりない、ビビッドな色を使いたい!

以前はインテリアに興味がなく「どうしたらよいかわからなかった」と言うYuiさん。まずはWebで様々な海外の家を検索しました。そうしてフランスのデザイナーの部屋を見て「こういう配色もあるんだ!」と、リビングには黒、ダイニングには日本ではあまり見かけないビビッドなブルーの壁紙を配しました。

インテリアはドイツの家具&雑貨ブランドのチェアやアート、北欧のシェルフ、フランスの照明…と、国を限定せず取り入れています。それでも見た目がバラバラにならない理由を聞くと、「色のトーンを揃えると全体がまとまります。全く違う色味を取り入れたいときは小物をつかうなど、色の比率に気をつけて。そうすれば大きくずれることはないと思いますよ」と教えてくれました。YuiさんのMIXスタイルのコツは「統一感」にあるようです。

イギリスのヴィンテージから雑貨まで多彩なフラワーベース。ブルー・オレンジ・ピンクを中心に、“カラフル&クリア”で統一感を出して。

イギリスのヴィンテージから雑貨まで多彩なフラワーベース。ブルー・オレンジ・ピンクを中心に、“カラフル&クリア”で統一感を出して。

ドイツの家具&雑貨ブランドの鹿のオブジェに一目惚れ。一見ビビッドな色ですが、フランス風の黒い壁紙に合わせればモダンな雰囲気に。

ドイツの家具&雑貨ブランドの鹿のオブジェに一目惚れ。一見ビビッドな色ですが、フランス風の黒い壁紙に合わせればモダンな雰囲気に。
もっと部屋のすみずみまで見る
涼しげな北欧のガラス器に台湾で見つけたビビッドカラーのコースターを合わせました。手前の透かしはドイツのカウンターチェア。 涼しげな北欧のガラス器に台湾で見つけたビビッドカラーのコースターを合わせました。手前の透かしはドイツのカウンターチェア。
スウェーデンのデザイナーのモダンなストリングシェルフに、ドイツの存在感のある動物マグカップを。黒バックで引き立ちます。 スウェーデンのデザイナーのモダンなストリングシェルフに、ドイツの存在感のある動物マグカップを。黒バックで引き立ちます。
買ったときには「ビビッドすぎてインテリアに合わないかも?」と思った花瓶も、同じトーンの壁と合わせたらきれいにまとまりました。 買ったときには「ビビッドすぎてインテリアに合わないかも?」と思った花瓶も、同じトーンの壁と合わせたらきれいにまとまりました。
「イベントのテーブルコーディネートや飾り付けも好き!」と言うYuiさん。こちらは昨年のハロウィーン・パーティのディスプレイ。 「イベントのテーブルコーディネートや飾り付けも好き!」と言うYuiさん。こちらは昨年のハロウィーン・パーティのディスプレイ。
和室の床の間にはサーモンピンクの壁紙を貼って、ドライフラワーを置いたりお気に入りの絵を飾ったり。モダンな洋風に変わります。 和室の床の間にはサーモンピンクの壁紙を貼って、ドライフラワーを置いたりお気に入りの絵を飾ったり。モダンな洋風に変わります。
間取り&部屋主プロフィール
間取り
  • ビビッドなブルーの壁紙。黒いデスク&チェアを置いてパソコンスペースに。
  • 窓際の白いダイニングテーブルにはカラフルなフラワーベースを並べて。
  • フランス風の黒い壁には、様々な国の「好きなもの」をディスプレイ。
  • 和室。襖を黒・床の間をサーモンピンクにしてモダンなイメージになりました。
部屋主プロフィール
部屋主プロフィール
Yuiさん[埼玉県浦和市] 30歳代 住居区分:一戸建て持ち家 居住年数:4年 同居人:夫、子ども

Instagram(@blue_k715y)で海外のカラフルなインテリアのある暮らしを発信。
季節のイベントのディスプレイやテーブルセッティング、小物の詳細も見られます。

可愛いもの・好きなものだけの色彩あふれるモロッカンの世界
可愛いもの・好きなものだけの色彩あふれるモロッカンの世界

ここはモロッコの宮殿? と錯覚しそうなchieeさんのお住まい、実はごく普通の賃貸住宅なのです。最初はシンプルなホワイトインテリアでしたが「もともと可愛いものやカラフルなものが大好き。モロッカンテイストのカフェやSNSを参考に、こんな風にしたいな、と好きなものばかり集めたら自然にこうなりました」

いろいろな色を組み合わせていますが、特に計算はしていません。「自分の中に配色のバランスがあるのかな?」とのこと。

「モロッカンはカラフルな色合い、色の組み合わせが魅力」と言うchieeさん。鮮やかな香水瓶やモスクのシルエットのデザイン、カラフルな染め花のドライフラワーを見かけると、つい惹かれてしまうそう。とは言え、決して広いお部屋ではないので「値段に関係なく、パッと見てこれ可愛い!と、ときめかないものは買いません」。
レイアウトも工夫して、洋服や生活感が出るものはテレビ台やベッド・テーブルの下などに隠して収納。照明の配線もできるだけ見えないように。世界観を壊さないようにしています。

「どうやったら可愛くなるか?を常に考えています。考えることが好きなんです」と言うchieeさんは「ちょっと淡い色合いもブルックリンもアンティークもシャビーも好き。将来は、部屋ごとにテイストの異なるカフェをつくるのが夢」なのだそうです。

天井には鮮やかなガラスのランプと染め花をぶら下げて。奥のピンク×ゴールドの部分は、マスキングテープを貼ったクローゼットの扉!

天井には鮮やかなガラスのランプと染め花をぶら下げて。奥のピンク×ゴールドの部分は、マスキングテープを貼ったクローゼットの扉!

タイルが大好き。トルコランプの店の倉庫まで行って選びぬいたタイルとストーン&タッセルブレードで、ごく普通のテーブルを装飾。

タイルが大好き。トルコランプの店の倉庫まで行って選びぬいたタイルとストーン&タッセルブレードで、ごく普通のテーブルを装飾。
もっと部屋のすみずみまで見る
タイル柄マスキングテープとタッセルブレード、フレーム・布・小物づかいで、トイレの中も可愛いモロッカン空間になりました。 タイル柄マスキングテープとタッセルブレード、フレーム・布・小物づかいで、トイレの中も可愛いモロッカン空間になりました。
蚤の市で掘り出した古いフレームにアンティークのアイアンを合わせて。左にあるのはモロッコの「プフ」という山羊革クッション。 蚤の市で掘り出した古いフレームにアンティークのアイアンを合わせて。左にあるのはモロッコの「プフ」という山羊革クッション。
奥行きのあるゴールドのフレームを壁にかけ棚がわりに。お気に入りの瓶を並べてあります。両脇はトルコのモザイクランプです。 奥行きのあるゴールドのフレームを壁にかけ棚がわりに。お気に入りの瓶を並べてあります。両脇はトルコのモザイクランプです。
玄関の明かりは趣味の合う友人からのプレゼント。中にLEDライトを入れてあるので、配線の必要がなく好きなところに設置できます。 玄関の明かりは趣味の合う友人からのプレゼント。中にLEDライトを入れてあるので、配線の必要がなく好きなところに設置できます。
生活感がにじみ出るエアコンはマスキングテープを貼ってタッセルを飾って。壁のモスクシルエットを切るのは大変だったそう。 生活感がにじみ出るエアコンはマスキングテープを貼ってタッセルを飾って。壁のモスクシルエットを切るのは大変だったそう。
間取り&部屋主プロフィール
間取り
  • ピンクに塗ったテレビ台の上には、染め花のドライフラワーと香水瓶。
  • 壁にはモロッカンな剥がせる壁紙&ゴージャスなゴールドフレームを。
  • キッチンまわりもモロッカンなタイルシールでデコレーション。
  • 存在感ある冷蔵庫も幅広のタイル柄マスキングテープを貼ってテイストを合わせて。
部屋主プロフィール
部屋主プロフィール
chieeさん[東京都] 30歳代 美容業 住居区分:賃貸住宅 居住年数:4年

Instagram(@chiee_saku)では、自身のお部屋だけではなく、お気に入りのカフェやショップ、可愛いモロッカンインテリアのある場所なども紹介しています。