LIFULL HOME'S

cover
キッチンが変わればココロも弾む
キッチンが、好きすぎて。
SCROLL
Photo: Madoka Sano、Hirotomo Onodera、Tomoki Yasuda text: Nahoko Sakai
緑と愛しいものたちに囲まれてキッチンは心躍る空間になる
緑と愛しいものたちに囲まれてキッチンは心躍る空間になる

tamakoさんのご自宅は分譲住宅で、最初は特別に凝った内装ではなかったといいます。そこをインテリア好きのtamakoさんが「注文住宅ではなくても、十分可愛くできる!」と模様替えを繰り返し……もとの白い壁はそのまま生かし、木の茶色・植物の緑、さらにアイアンをプラスしてカフェ風の住まいを作り上げました。

キッチンから見える庭の花や木々の彩・鳥の声が、季節の変化を教えてくれます。

フルタイム勤務のtamakoさんは、長い時間キッチンにいられるわけではありません。「でも、ただ調理するだけの場では嫌」と、キッチンを心地よくするため工夫を凝らしました。まず大切にしたことは「眺め」。キッチンから見える庭には、背の高い草花を配置。「季節ごとに景色を楽しめるよう、シマトネリコなどの常緑樹、スモモなどの落葉樹も植えました」と夫のSさん。緑に惹かれて庭を訪れる小鳥たちの声も聞こえてきます。また、楽しい気持ちになれる「使わないけれど好きなもの」を厳選して飾っています。tamakoさんは毎日、キッチンをきれいにしてから就寝。週に1度は棚の上のグッズも磨きますが「大切なものだけ、手をかけられる量しか置かないので掃除も苦になりません」。愛しいものと緑に囲まれ、キッチンは心踊る空間になりました。

庭はSさんが “森の小径”というイメージを決め、tamakoさんと一緒に植物を選び、育ててきました。奥がキッチンから見える場所。

庭はSさんが “森の小径”というイメージを決め、tamakoさんと一緒に植物を選び、育ててきました。奥がキッチンから見える場所。

アンティークや100円ショップのグッズが共存。テイストにあうかどうかを考え購入し、材質や色を合わせて統一感を持たせています。

アンティークや100円ショップのグッズが共存。テイストにあうかどうかを考え購入し、材質や色を合わせて統一感を持たせています。
もっと部屋のすみずみまで見る
本物の植物とフェイクグリーンで室内にも緑のアクセントを。使い込まれた木のような奥の壁は、100円ショップのリメイクシートです。 本物の植物とフェイクグリーンで室内にも緑のアクセントを。使い込まれた木のような奥の壁は、100円ショップのリメイクシートです。
庭に建て増しした、サンルームタイプのテラス。物入れになるベンチと奥のテーブルは、ウッドデッキの廃材でSさんが作りました。  庭に建て増しした、サンルームタイプのテラス。物入れになるベンチと奥のテーブルは、ウッドデッキの廃材でSさんが作りました。 
緑に囲まれた明るいテラスでは家族で朝食をとったり、友人とお茶をしたり。夜はソーラーランタンの灯りでビールを飲むことも。  緑に囲まれた明るいテラスでは家族で朝食をとったり、友人とお茶をしたり。夜はソーラーランタンの灯りでビールを飲むことも。 
大手スーパーマーケットの雑貨コーナーで見つけた陶器製の牛がお気に入り! いつもキッチンの棚の最上段からのぞいています。 大手スーパーマーケットの雑貨コーナーで見つけた陶器製の牛がお気に入り! いつもキッチンの棚の最上段からのぞいています。
玄関ではアンティークやアイアンの動物がお出迎え。飾る時はテーマを決めて1か所にまとめ、左右対称・三角形に配置するのがコツ。 玄関ではアンティークやアイアンの動物がお出迎え。飾る時はテーマを決めて1か所にまとめ、左右対称・三角形に配置するのがコツ。
間取り&部屋主プロフィール
間取り
  • 棚と友人に作ってもらったローボードでキッチンに必要なものを収納。
  • 暖炉風ファンヒーターの隣にアンティークのファイヤーツールを飾って。
  • 友人作のリビングボードの上には、季節の花とお気に入りグッズを。
  • 庭のキッチンから見える部分には、背の高い草花を植えています。
部屋主プロフィール
間取り&部屋主プロフィール
tamako.sanさん [千葉県] 40歳代(会社員) 住居区分:持ち家 居住年数:13年 同居人:夫、息子

ガーデニング、インテリア、美味しい物大好き! Instagram(@tamako.san)で、大好きなものたちに囲まれた住まいの様子や日々の暮らしを発信しています。

自分の思い通りに出来るから家の中で一番、キッチンが好き
自分の思い通りに出来るから家の中で一番、キッチンが好き

「リビングは家族共有の空間なので、“好きでなくても必要なもの”も置かねばなりませんが、キッチンは全て自分の思い通りにできます。だから私は家の中でキッチンが一番好き」というKeiさん。いつもキッチンをどうしよう?と考え、手を加え、出先でも目に留まるのはキッチン関連のものばかりなのだそう。

キッチンもリビングも、ものはできるだけ少なく。見せるもの・隠すものを明確に。

年月とともに色あせた部屋の壁を、「塗ってしまおう」と思ったところからKeiさんの部屋作りが始まりました。リビングの壁色はKeiさんが決め、キッチンは夫のHさんが「落ち着いているけれど暗すぎず、ピンときた」と選んだ色に。Keiさんがチョイスする「古びた木の質感×黒」のインテリアとの相性もぴったりです。Keiさんは「お金をかけないキッチンづくり」も目指し、いいなと思うものを見かけたら「何かで代用できないかな?作れないかな?」と考えます。安くつくったものなら、部屋のイメージ変更の時に惜しむことなく処分したり、用途を変えたりできるそう。そんなKeiさんを「思い立ったらすぐにやる人。帰宅すると部屋が変わっていることも」というHさん。自分がキッチンに立つこともあり「妻が作ったキッチンは居心地がよいんです」と笑います。

「ごちゃつくもの」はカゴに入れて隠して収納、見せるものは数を少なくして棚へ並べて。キッチンの家電は黒で統一しています。

「ごちゃつくもの」はカゴに入れて隠して収納、見せるものは数を少なくして棚へ並べて。キッチンの家電は黒で統一しています。

「食器が大好き!」でつい集めてしまうため、引き出しには色とりどりの器が。今は和食器に惹かれ、産地の陶器市に行くことも。

「食器が大好き!」でつい集めてしまうため、引き出しには色とりどりの器が。今は和食器に惹かれ、産地の陶器市に行くことも。
もっと部屋のすみずみまで見る
ホームセンターでカットしてもらった木に100円金具を取り付けて。バッグの中身はレジ袋のストック、掃除グッズ、エプロン。 ホームセンターでカットしてもらった木に100円金具を取り付けて。バッグの中身はレジ袋のストック、掃除グッズ、エプロン。
冷蔵庫と棚の間には、木枠とシャビーな質感の有孔ボードで作った“ついたて”。サイドには黒いマスキングテープを貼ってあります。 冷蔵庫と棚の間には、木枠とシャビーな質感の有孔ボードで作った“ついたて”。サイドには黒いマスキングテープを貼ってあります。
子どもが小さい時に絵本を立てていたブックスタンドに、100円ショップなどで見つけたフェイクグリーンを絶妙なバランスで配置。 子どもが小さい時に絵本を立てていたブックスタンドに、100円ショップなどで見つけたフェイクグリーンを絶妙なバランスで配置。
リビングの一角。壁紙はホッチキスで留め、どうしても隠せないエアコンのダクトにはフェイクグリーンを巻きつけ印象を変えました。 リビングの一角。壁紙はホッチキスで留め、どうしても隠せないエアコンのダクトにはフェイクグリーンを巻きつけ印象を変えました。
玄関の靴箱の下のデッドスペースを有効利用するために、100円ショップのフリーマルチパネルとキャスターで収納ケースを作りました。 玄関の靴箱の下のデッドスペースを有効利用するために、100円ショップのフリーマルチパネルとキャスターで収納ケースを作りました。
間取り&部屋主プロフィール
間取り
  • キッチンの収納はDIYで高さを合わせたり、引き出しをつけたり。
  • カウンター上部の壁面には、複数のフレームを組み合わせた装飾を。
  • 家族共有で必要になるものは一か所にまとめてワゴンに乗せて。
  • 洋服店の什器だった板を2人でリメイクしたダイニングテーブル。
部屋主プロフィール
間取り&部屋主プロフィール
Keiさん[千葉県] 40歳代(主婦) 住居区分:分譲マンション 居住年数:16年 同居人:夫、子ども2人

好きなものの“軸”はぶれずに、その時の流行も取り入れつつどんどん変わるKeiさんのお部屋は、Instagram(@ smile_wr)、ルームクリップ(ruchico)で見られます。