LIFULL HOME'S

Vol.3 福岡の街の味 門司港焼きカレー

街を味わう簡単レシピ
SCROLL
photo&movie : Toichi Miura text : Chie Watanabe(medium) illustration:Saori Fukada
福岡・門司港の焼きカレー
8月と9月の街の味は…
福岡・門司港の焼きカレー
昭和30年代に、喫茶店で余ったカレーをまかないとしてドリア風に焼いてみたら、お客さんから好評価。そのままお店のメニューにしたのが始まりだとか。トッピングにはチーズや卵のほかに、地元産のフグやタコを使った豪華なものなど、さまざまなタイプがあります。
I like it after all!
福岡グルメの特徴は?
自然豊かな福岡は、新鮮な野菜や肉、海の幸がそろうグルメパラダイスです。ご当地グルメには豚骨ラーメン、明太子、もつ鍋、とり皮焼きなど盛りだくさん。今回は門司港名物の焼きカレーを紹介します。

福岡の「門司港焼きカレー」

カレーライスをオーブンで焼くと、水分が飛んでコクと香りがアップ。とろけたチーズと卵のマリアージュを味わって!
門司港焼きカレー

作り方

  1. 1.
    フライパンにサラダ油を熱し、たまねぎとにんにくを中火で炒める。しんなりしてきたら合いびき肉を加えて、そぼろ状に火が通るまで炒める。
  2. 2.
    1にトマトジュース、水、チキンコンソメを加えて、ふたをして5分ほど中火で煮る。火を止めてカレールーを入れ溶かしたら再び火にかけ、かき混ぜながらとろみが出るまで煮込む。
  3. 3.
    グラタン皿にご飯を盛り2をかけて、その上に卵を割り落とす。ピザ用チーズをかけたらオーブントースターで好みの焼き加減になるまで焼く。
門司港焼きカレー

調理のポイント

グラタン皿にバターを塗ってから盛り付けて焼くと、さらに風味が増します。トッピングにはチーズや卵だけでなく、シーフードや野菜などもお好みでどうぞ!

動画で見る

落合 貴子
監修者プロフィール

落合 貴子
Takako Ochiai

栄養士・フードコーディネーター
栄養士免許取得後、自然食品メーカーにてカウンセリングなどの実務経験を経てフードコーディネーターに転身。多くの料理家のアシスタントを務めたあと独立。現在、2児の母親であり、テレビや雑誌などで「優しく・おいしく・楽しく」を心がけたレシピを提案する。キッチンスタジオにて料理教室も開催。
2022.08
編集長
湯山恭嗣
エディター
久保良子 髙橋佳奈 上村優子 遠藤愛子
コントリビューティング・エディター
成田恵子(メディアム)
木下のぞみ
安楽美樹(ブレインカフェ)
アートディレクター
深田さおり(KLEUREN)
制作・コーディング
東良昭 安川紗世 仲村友也(ヒストリアル)
エフェクト
小林しんじ(フローズウェブ)
編集協力
坂口史郎(LIFULL)
発行人
井上秀嗣
発行元
株式会社ブランジスタメディア
東京都渋谷区桜丘町20番4号 ネクシィーズスクエアビル