マドリーム“自分らしさ”をデザインする暮らしスタイルマガジン

HOME'S

マドリーム表紙

やっぱり夢は一軒家! 憧れのマイホームを手に入れる

ピタットハウス塚田店 京葉エステート株式会社01

ピタットハウス塚田店 京葉エステート株式会社02

公式ホームページ

厳選住まいの理由!

施工事例を見る

ピタットハウス塚田店 京葉エステート株式会社03

ピタットハウス塚田店 京葉エステート株式会社04

ピタットハウス塚田店 京葉エステート株式会社05

資料請求 分譲地のご案内

ピタットハウス塚田店 京葉エステート株式会社06

本文を読む

 当社は私が27歳のときに船橋の小さなアパートの1室から不動産仲介をスタートしました。今では土地の仕入れから開発、設計など、家づくりに関するすべてを担える会社にまで成長することができました。
 時代とともに共働きやDINKsなど多彩なライフスタイルが増え、これからの家づくりには新たな価値観が必要だと思っています。そのため、当社では若い建築士を積極的に採用し、若い世代だから共感できる価値観を散りばめた家づくりを強化しています。その一貫で、昨年、千葉大学と協力して「これからの戸建て住宅の可能性」と題したコンテストを開催。最優秀者賞の作品を実際に建築する活動も行っています。これからも若い人ならではの自由な発想に目を向けつつ、時代の潮流をとらえていきたいと思います。
 一方で、私自身が2015年頃に船橋市の居住支援協議会の会員になったことがきっかけで、高齢者や障がい者、LGBTなど「社会的弱者」と呼ばれる方の苦しい話などを耳にするようになりました。そこで、様々なライフスタイルをサポートできるよう、シニア向けの低予算で入居できるシェアハウス「オルシェ」や、高齢者の遊び場、若者の勉強部屋そしてテレワークを融合させたコワーキングスペース「トキノマ」など、まだまだ規模は小さいですが、少しずつできることを広げています。ほかにも、障がい者専用の寄宿舎づくりや、土地を購入しての保育園建設など、様々なカテゴリーにも挑戦しています。活動は少しずつ認知されはじめ、社会福祉関連の建物の供給事業を展開したことなどを含め、2019年に国土交通大臣表彰という名誉ある賞を授賞しました。
 これからも、個人として、企業として、社会への恩返しをしていきたいと思います。

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

PROFILE

衣装協力

奈緒 Nao
1995年、福岡県出身。2013年にドラマ『めんたいぴりり』(テレビ西日本系)で女優デビュー。20歳で上京後、朝の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合)や2019年に話題となった『あなたの番です』(日本テレビ系)、初主演映画『ハルカの陶』など、数々のドラマや映画に出演。2021年には、『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』(4月2日全国ロードショー)や『君は永遠にそいつらより若い』など7本が公開予定。

ワンピース39,600円(ハウス オブ ロータス|ハウス オブ ロータス 青山店 03-6447-0481)、ネックレス99,000円(カラットアー|イセタンサローネ東京 03-6434-7975)
※表示価格はすべて、税込み表示となります。

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

衣装協力

ワンピース19,800円(サラマリカ|ルシファーリサーチ 03-6427-9951)
※表示価格はすべて、税込み表示となります。

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

巻頭グラビア 奈緒

衣装協力

ブラウス38,500円、パンツ(31,900円(ともにスズキ タカユキ 03-5846-9114)
※表示価格はすべて、税込み表示となります。

巻頭グラビア 奈緒

Special interview

movie

女優として着実に活躍の場を広げている奈緒さん。撮影では、愛犬の「魚谷燦(うおたにさん)」と遊んでいる姿や、趣味のイラストを描いている時の愛らしい表情にスタッフ全員が魅了されました。「忙しいときほど、おやつの時間を大事にしたい」と話す奈緒さんは、ホッとひと息つく時間をどんなふうに楽しんでいるのでしょうか。

───奈緒さんにとってお茶やおやつの時間は、食事の時間と何が違いますか?

食事のときは、お腹がすいているので食に焦点が合っていますが、おやつの時間は、もっとゆったりと会話が楽しめます。余白が多い時間ですね。

───おうちでは、おやつの時間はどんなふうに始まりますか。

一緒に暮らしている母と、どちらからともなく「お茶にしようか」と始めます。家にはクッキーなどのスイーツやポテトチップスなどが常にストックしてありますし、仕事の帰りに買ってきたケーキを食べることもあります。私が特に好きなのはチーズケーキとフルーツサンドです。

───太ることは気にしない?

最初に食べる量を決めて、それをお皿に盛り付けていただきます。大好きなものを「美味しいな」と思いながらゆっくり食べると量が少なくても満足できるんです。器も気に入ったものを使っています。

───どんな器か気になります。

備前焼をテーマにした映画(『ハルカの陶』)に出演したことがあって、以来、備前焼にはまっています。おやつのときに使うのは、備前焼作家の木村肇(きむらはじめ)さんの薄皿が多いですね。おやつを買うときも器に合いそうなものを選んでしまいます(笑)。茶色い器なので、レアチーズケーキや豆大福など白いものが映えるんです。

───お仕事では、おやつの時間はありますか?

映画の撮影現場にはいつも「お茶場(おちゃば)」と呼ばれるスペースがあって、差し入れやスタッフが用意したおやつが置いてあるんです。最初にそこに行くときはいつも、今回はどんなおやつだろう? とワクワクします。自然と雑談もできるので、役者やスタッフの皆さんにとってもすごく楽しい場所だと思います。美味しいお菓子を見つけると、「誰が選んだんですか?」と聞くこともあります(笑)。

───盛り上がりそうですね。ところで今、おうち時間が増えていますが、自宅ではどんなふうに楽しんでいますか?

もともと“ひとり上手”と呼ばれるくらい、家が大好きなんです。だけど今回は特別ですね。これまで家ではできないと思っていたことを、どうすれば家でできるだろうと考えて実践するようになりました。たとえば、ピクニックをしようと、家の中にシートを敷いてお弁当を食べたこともありますし、さらに庭に小さなウッドデッキを作って、そこで食事をするようになりました。
陶芸教室に通えないので、自宅で使えるろくろでやってみたらできました。意外と家でもできることがあるので、それを考えるのが楽しいです。

───探せば見つかりそうですね。人とのつながりはどうでしょう。

会えなくてもつながっていられることに気づく機会になりました。連絡が取りにくくなった人もいるのですが、それはそれで今のタイミングではないのだろうと思うようにしています。だから人との付き合い方がすごくシンプルになってよかったです。

───考え方を上手に切り替えたんですね。暮らし上手な奈緒さんは、この先、どんな街に住みたいですか?

幼い頃、商店街の近くに住んでいたので、商店街があるところに住みたいです。きっと海のそばで生まれた人が、海のそばで暮らしたいと思うのと同じですね。

日々の暮らしを自分らしく楽しんでいる奈緒さん。実現したら、商店街の人たちとほのぼのとしたやりとりが新たな日課に加わりそうです。

/