マドリーム“自分らしさ”をデザインする暮らしスタイルマガジン

HOME'S

マドリーム表紙

やっぱり夢は一軒家! 憧れのマイホームを手に入れる

松原住宅株式会社01

松原住宅株式会社02

公式ホームページ

厳選住まいの理由!

施工事例を見る

松原住宅株式会社03

松原住宅株式会社04

松原住宅株式会社05

資料請求 分譲地のご案内

松原住宅株式会社06

本文を読む

 ファミティホームは、藤井寺、羽曳野、松原、富田林、柏原、堺といった南大阪地域に特化し、家づくり・街づくりを行っています。理念は「家族の未来を住まいるにする」。住まいを通じて、お客様に安心、快適、幸福をお届けし、今日も明日も笑顔で過ごしていただくことが私たちの使命であり、これを全うするために品質、技術を追求しています。例えば、構造や工法は独自に研究開発し、使用する金物一つも吟味。分譲地は、南大阪の地域性やニーズを見極め、立地や環境、さらに地盤も調査。その土地に合った開発を行うことを徹底しています。もちろん、住まいの完成後もお手伝いを継続し、修繕や増改築に対応いたします。
 長年の実績と理念により、南大阪の方々には広く認知され、二代、三代にわたるお付き合い、ご紹介も数多くいただいております。界隈の不動産店で唯一のショールームは常時見学いただけますし、ゆったりお話ができる掘りごたつの打ち合わせルームなども完備しています。南大阪で分譲住宅をご検討の方は、ぜひ当社にご相談ください。

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

PROFILE

衣装協力

川島海荷 Umika Kawashima
1994年、埼玉県生まれ。2006年にドラマ「誰よりもママを愛す」で女優としてデビュー。その後、ガールズユニット「9nine(ナイン)」のメンバーとして歌手活動も行うかたわら、テレビドラマ、映画、舞台などで数々の話題作に出演。現在は女優業を中心に、司会や声優などにも挑戦するなど活動の幅を広げている。現在、日本テレビ系「ZIP!」(毎週月~金曜日/5:50~8:00)に、総合司会として出演中。また、10月19日より公開の映画「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」では主人公の娘・メイヴィス役で声優出演する。

ネイビーカットソー6,900円(Adriana Kay│liflattie ships ルミネ横浜店 045-444-0186)、ベルト付きスウェットスカート3,500円(IKYU│merlot 03-3664-9613)、ストラップシューズ10,800円(Drogheria Crivellini│Bshop 03-5775-3266)
※表示価格はすべて、税抜表示となります。

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

衣装協力

白シャツ9,800円、ベージュスカート13,800円(共にGYMPHLEX│Bshop 03-5775-3266)、ストラップシューズ10,800円(Drogheria Crivellini│Bshop 03-5775-3266)
※表示価格はすべて、税抜表示となります。

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

巻頭グラビア 川島海荷

衣装協力

ストライプワンピース29,000円(TICCA│liflattie ships ルミネ横浜店 045-444-0186)、ソックス3,600円(ANTIPAST│liflattie ships ルミネ横浜店 045-444-0186)、シューズ(スタイリスト私物)
※表示価格はすべて、税抜表示となります。

巻頭グラビア 川島海荷

「お掃除が大好き」という川島海荷さんは、現在テレビの情報番組の“朝の顔”として活躍中。毎日3時起きの生活ですが、休日も寝坊とは無縁で、午前中にお掃除を済ませてからゆったりとくつろぐとか。
川島さんが、すっきりと片付いたお部屋に飾りたいと思うのは、どんなアートなのでしょうか。

──家というのは、川島さんにとってどんな場所ですか?

ホッと落ち着けるところですね。そのためにもお掃除が大事なんです。

──散らかったお部屋だと落ち着かないですか?

はい! だから気がつくと掃除機を持っています(笑)。リビングでくつろぐときも、視界に気になるものがない状態が好きなんです。

──朝の番組を担当するようになって、家で過ごす時間が増えたとか。どんなことをして過ごしていますか。

DVDを見たりすることが多いですね。朝の番組後に予定がなければ、そのままうちに帰って、リビングのカーペットの上にだらんと横になって、クッションを用意して、ひざ掛けをかけてゴロゴロするのが大好きなんです。ちょっとうとうとしたりして…。お昼寝の時間という感じです。

──最高ですね!

そうですね(笑)。あとはお料理です。以前から自炊はしていましたが、家にいる時間があるので、結構いろいろとつくっています。食器や盛り付けなんかも、インスタでセンスのいい人をチェックしています。

──成果はいかがですか?

うーん…、たまに友だちを呼んで料理をつくるときには、盛り付けも、ハーブ添えたりしてがんばっているんですけど、あまり触れてもらえません(笑)。そういえば、盛り付けは、アート的なセンスも必要なのかも。もっと勉強したいですね。

──ところでお部屋には、アートを取り入れたりしていますか?

まだ自分で選んで飾るところまではできないのですが、先日初めてイタリアに行って、たくさんのアートに触れることで、気になり始めました。

──どんな作品に惹かれましたか?

ヨーロッパの田舎町を描いたような風景画が好きですね。それを飾ることで、室内なのに自然を身近に感じられるような気がします。別世界を感じさせてくれるのもアートの力なのかな、って。
まだあこがれですけど、旅先で出会った絵を買って帰って家に飾ることもしてみたいです。旅のことや絵との出会いのストーリーも、それを見るたびに思い出しますから、すごく楽しそう。

──すぐにでも実現できそうです。

そうですね。そういえば、実家には昔から、風景の絵が飾ってありました。当たり前にあったけれど、なんとなく、あの絵を見てホッとしていたような記憶があります。

──自然のあるところが好きですか?

私は埼玉県の出身なので、都会の真ん中よりももう少し静かなところで、のんびり暮らしたいんです。お仕事のある東京にはすぐに行けて、でも田舎、みたいなところ。埼玉っていいんですよ。それから、まだ住んだことはないですが、一軒家にもあこがれます! お料理するときには、さっと庭に出てハーブを摘んでくるような暮らし。なにそれ、ステキ! って思いませんか?

──そうですね、お似合いになりそうです。

いまはまだ私にとって、アートのある暮らしはあこがれですけど、少しずつインテリアやお料理の盛り付けのセンスから磨いて、大人になりたいなって思います。さっそく好きな雑貨屋さんに見に行ってきます。

もともとナチュラルな暮らしが好きで、休日でも朝から太陽の光を浴びて暮らしているという川島さん。ゆくゆくは、田舎の一軒家でアートのある暮らしを。そんな夢を語る姿は、キラキラと輝いていました。

/