“自分らしさ”をデザインする暮らしスタイルマガジン「マドリーム」

無料で読める
電子雑誌

Ayame Goriki女優・剛力彩芽

取材・文/小林未亜(エンターバンク)
撮影/山下陽子
ヘアメイク/高城裕子
スタイリング/小谷雄太

女優・剛力彩芽

19歳の時に出会って今でも抱いて寝ています

明るい笑顔を絶やさず、常にポジティブな空気をまとっている女優・剛力彩芽さん。そんな剛力さんが眠る前に癒やされているという、ぬいぐるみ“ムムちゃん”とは? 出演映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』の話とともに伺いました。

苦しい時代も一緒に経験しているので
私をわかってくれている気がします

女優・剛力彩芽

剛力さんの眠る前の愛用アイテムとして持ってきてくれたのが、ぬいぐるみというのは意外でした。出会いのきっかけとは?

19歳の時に、番組の密着でニューヨークに行ってダンスレッスンとボイトレをやらせていただいたことがあったんです。5日間ぐらいあって、最後の日にダンスの先生が「彩芽のプレゼントを探していたら彩芽がそこにいた。すごく似てると思わない?」と言って、贈ってくれたのがこの子です。実は当時からぬいぐるみが大好きだったのでうれしくて。ニューヨークでの経験も私のなかで印象的だったので、大事にしようと思って、しょっちゅう現場にも連れて行ってました。そのダンスの先生がムムって呼ばれていたので、名前をいただいて、ムムちゃんっていいます。

本当は、寝る前って考えた時、母親と話すのが日課なので、ママを連れて来た方がいいかなと思ったんです。でもさすがに連れて来られないから、ママじゃなくてムムちゃんかなって(笑)。一番バタバタしていた時期からずっと一緒にいるので、寝る時にギュッてすると癒されるんです。

かわいくて、今日の撮影でも大人気でしたね。

現場に連れて行くと、みんなかわいいと言って触ってくれたり、愛されてきた子なので、何かのパワーとかエネルギーを持っていると思います。ただ最近はだいぶ汚れて、ホワイトタイガーがホワイトじゃなくなってきて(笑)、これはまずいと思っておうちでお休みさせているんです。でもずっとベッドサイドにいて、いまだに抱っこしながら寝ています。元々は真っ白でふわっふわだったのに、今はふわふわでもなくなっちゃって……。

女優・剛力彩芽

ぬいぐるみがお好きということは、ほかにもたくさんいるんですか?

家にいっぱいいます! ベッドの半分くらいはぬいぐるみに占拠されています(笑)。そのなかでもこの子は特にお気に入り。たまに、「気持ちよくなりたいなー」って時は、もっとふわふわな子をギュッてしちゃうんですけど……やっぱりムムちゃんは一番苦しい時を一緒に経験しているので、なんかわかってくれるというか、気持ちが和らぎますね。

ムムちゃんがいないと眠れない時とかもありますか?

本当に眠れない時に、この子をギュッとすると眠れたりしますね。昔、泊まりロケの時に持って行くのを忘れちゃって、ムムちゃんの動画を送ってもらったこともあります(笑)。

about the MOVIE

100年って想像つかないですけど
ニコニコしたおばあちゃんでいたいな

今回出演された映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』のテーマである“終活”は、現在28歳の剛力さんにとって先の話ではありますが、作品を見てどう思いましたか?

終活というワードは知っていましたけど、このお話をいただくまで、まだまだ自分にとって遠い話ですし、あまり関係ないかなと思っていたんです。でもこの作品を見たら、いつから始めてもいいことだし、暗いことじゃないし、むしろこれから生きることがさらに楽しくなるかも、みたいなワクワク感をすごく感じました。

(C)2021 「お終活」製作委員会

  ©2021 「お終活」製作委員会

前向きな気持ちになれる映画ですよね。剛力さんご自身、終活をいつ始めるとか、こんな人生の終わり方がいいなとか考えたりしましたか?

まずは両親に見てもらって、この作品をきっかけにそういう話ができたらいいなと思いました。自分が亡くなった時のことを誰かに話したことはないけど、私はみんなが笑って歌ってくれるような楽しいお葬式がいいなと思っているので、そういう話はいつか誰かにしてもいいのかな、とも思いました。そういうことを考えるきっかけにはなりますね。

映画では、橋爪功さんと高畑淳子さん演じる熟年夫婦の関係性が中心に描かれています。剛力さんにとって理想の夫婦像はありますか?

断然両親ですね。今でもよくデートをしているし、手をつないで歩いているし、仲がいいんです。その関係性はすごく素敵だなと思います。一時期は「こういう夫婦を作りたい!」と思っていたんですけど、年齢も性格も違うし、両親には両親の出会ったタイミングもあるので、私には無理だなと思って。だから今は、とにかく仲のいいパートナーという関係性は作っていきたいなと思います。

(C)2021 「お終活」製作委員会

  ©2021 「お終活」製作委員会

タイトルにもあるように“人生100年時代”と言われていますが、100年と聞いてどんな印象を持ちましたか?

100年って想像つかないですけど、ずっとニコニコしているおばあちゃんでいたいな。お母さんになってもおばあちゃんになっても、かわいい人でいたいという思いはすごくあります。私、しわがすごく好きで。しわって生きた経験というか、その人の生き方が全部出ると思うので、いいしわの入ったおばあちゃんになりたいですね。眉間のしわじゃなくて笑いじわで!

INFORMATION

  ©2021 「お終活」製作委員会

お終活
熟春!人生、百年時代の過ごし方
2021年5月21日(金)
全国ロードショー

“熟年の青春=熟春”を明るく迎えるため、終活を通して人生整理に動き出す家族の騒動をコミカルに描いたヒューマンコメディ。大原真一(橋爪功)と千賀子(高畑淳子)は来年結婚50年を迎える熟年夫婦で、事あるごとにケンカばかり。キッチンカーを経営する娘の亜矢(剛力彩芽)が、客として訪れた葬儀社の青年・涼太(水野勝)と出会ったことをきっかけに、大原夫婦は終活と向き合うことに。

脚本・監督:香月秀之
出演:水野勝 剛力彩芽 松下由樹/ 高畑淳子 / 橋爪功ほか
配給:イオンエンターテイメント

  ©2021 「お終活」製作委員会

PROFILE

女優・剛力彩芽

剛力彩芽Ayame Goriki
1992年8月27日生まれ、神奈川県出身。2008年~2013年に雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルとして活動。2011年の『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ)で本格的に女優デビュー。以降、ドラマ、映画、CM、番組MCなどで幅広く活躍。直近の作品に、舞台『No.9 -不滅の旋律-』(2018年、2020~2021年)、映画『新 デコトラのシュウ 鷲』(2021年)、ドラマ『彼女のウラ世界』(2021年/FOD・ひかりTV)などがある。

NEW ISSUE最新号案内

最新号 Vol.38 暮らしを整える
最新号 Vol.38
暮らしを整える
目次を見る
  • 巻頭
    スペシャルインタビュー

  • ほしいモノLIST!

  • 実例で見る、
    暮らしのインテリア

  • 持っててよかった
    私の愛用品

  • 魅力を解説
    今すみたい街

  • 動画でわかる!
    暮らしのHowTo

  • 世界の名作住宅

  • 知っておきたい
    住まいのトレンド事情

  • 動画で見る!
    カンタンレシピ

  • 住まいの12星座占い

BACKNUMBERバックナンバー

  • Vol.37
    “好き”に囲まれた暮らし

  • Vol.36
    おやつとお茶の時間

  • Vol.35
    カラフルな暮らし

  • Vol.34
    いい朝をはじめよう

一覧へ