公開日: 2022.01.21 最終更新日: 2022.09.06

自然と都市が融合。再開発が進む福島県・福島市の住みやすさや移住者の声をお届け!

自然と都市が融合。再開発が進む福島県・福島市の住みやすさや移住者の声をお届け!

中央の山は福島市のシンボル信夫山

福島県北部の山々に囲まれた盆地にある福島市。新幹線や高速道路など交通網が発達していて、首都圏や東北各地へのアクセスは良好。県庁所在地で都市機能が集まる一方、郊外には田畑や果樹園が広がり、温泉や自然豊かな公園が点在しています。都市と自然のバランスがいい福島市の中でも今回は、再開発計画が進む市中心部にスポットを当ててご紹介します。

ライター:佐藤友希(クリエイティヴエーシー)

ライター:佐藤友希(クリエイティヴエーシー)

01| 福島市の概要:エリアによって多種多様な顔を持つ、福島県の県庁所在地

吾妻連峰の麓にある「あづま総合運動公園」。春は4,000本余りのサクラ、秋は黄色に色付いたイチョウを見ることができる 吾妻連峰の麓にある「あづま総合運動公園」。春は4,000本余りのサクラ、秋は黄色に色付いたイチョウを見ることができる

2018年4月に中核市に移行した福島市の人口はおよそ28万人。気候は盆地特有の蒸し暑さで夏は38度を超える日も。豪雪地帯とまではいきませんが、冬は積雪や路面の凍結があるためスタッドレスタイヤは必須です。

面積は東京23区より広く、エリアによって違った顔を持ちます。市中心部には公的機関やオフィスが集まり北部には買い物に便利な大型のショッピングセンターが立地。飯坂温泉近くにはダム湖がありオンシーズンにはカヤックが楽しめます。東部には競馬ファンでにぎわうJRA福島競馬場や、全国的に知られるサクラの名所「花見山公園」があり、毎年多くの人が訪れます。西部には観光道路「磐梯吾妻スカイライン」が走り、ワイルドな絶景がSNSで話題に。果樹園が広がる県道5号(愛称・フルーツライン)では6月のサクランボを皮切りにモモ、ナシ、ブドウ、リンゴまで約半年間に渡って旬の果物が尽きません。南部は公営団地などを有する住宅街で、福島県立医科大学附属病院や福島大学が立地しています。

02| メイン駅周辺の様子とアクセス:福島駅から仙台駅まで新幹線で約25分

JRと私鉄が乗り入れる福島駅 JRと私鉄が乗り入れる福島駅

福島市のアクセスの中心は福島駅で、東北・山形新幹線、JR東北本線・奥羽本線、私鉄の阿武隈急行線、福島交通飯坂線が乗り入れています。新幹線で東京駅まで約1時間30分、仙台駅まで約25分。福島駅発着の高速バスターミナルも併設しているなど公共交通機関が充実し、県内外へショッピングやレジャーに気軽に出掛けることができます。

市内の移動は車が便利ですが、駅前から10〜20分間隔で市内を循環する100円バスが走り、マイカーがない人の心強い味方です。駅東口直結の商業施設「エスパル福島」には、生鮮食品や惣菜の他、福島県の銘菓や地酒が豊富にそろっています。

2018年にリニューアルした福島駅東口の福島駅前通り。レトロモダンをテーマにした街並みに改修し、歩道は広く歩きやすくなった 2018年にリニューアルした福島駅東口の福島駅前通り。レトロモダンをテーマにした街並みに改修し、歩道は広く歩きやすくなった

福島駅東口エリアは、現在再開発の真っ最中。2020年冬には雑貨やカフェが入居する商業ビル「Lamp120」、2021年春には福島県立医科大学の駅前キャンパスができました。福島駅徒歩10分圏内には総合病院の他、夜間急病診療所もあり医療体制が整っています。

さらに、2026年度にイベントホールや宿泊・商業施設、オフィス、居住棟などが入る複合ビル3棟が駅前に完成する予定で、さらに快適に。再開発に合わせて、近隣には10階建て以上の分譲マンションが続々と誕生しています。

03| 移住者の声:小売店に近く買い物に便利

転勤をきっかけに4年前に福島市へ引っ越してきた山形県出身の40代会社員男性にお話しを伺いました。現在は福島駅から私鉄で約10分ほどの静かな住宅街に一人暮らし。

「スーパーやコンビニ、ホームセンターなどが徒歩圏内にあるため、仕事帰りでも立ち寄りやすいです」。近くに大学や私立高校の寮などがあり、若い人が多く「適度に活気を感じられる点が気に入っています」とのこと。「商業施設が立ち並ぶ国道4号に近いため、車での買い物も便利」と話し、今の環境に満足している様子。デメリットは特に思い当たらないほど、住み心地がいいそう。

04| 治安:犯罪の件数は減少中。国道沿いや住宅街は街灯が少ないため注意を

福島警察署は福島駅東口から徒歩約10分の場所にある 福島警察署は福島駅東口から徒歩約10分の場所にある

気になる治安について調べてみました。福島市の2021年(11月末現在)の刑法犯認知件数は940件でした。そのうち645件は万引き・空き巣等の窃盗が占めます。前年の刑法犯認知件数は1,111件だったので、171件減少しています。

駅前は商業施設や飲食店が立ち並ぶため明かりが多く、人の流れは活発です。警察署が近くにあるため安心。ただし駅から離れた国道沿いや住宅街は街灯が少なく、夜間の一人歩きは注意が必要です。
※福島県警察本部「犯罪統計」、福島警察署「令和3年犯罪発生状況」、福島北警察署「管内の治安情勢」より

05| 福島市中心部のおすすめスポット3選

福島駅徒歩圏内には文化施設や子どもの遊び場が充実しています。商店街には買い物や散歩の途中に一息つけるおしゃれなカフェも。駅から歩いて行けるおすすめのスポットをご紹介します。

スポット①遊びながら学べる施設「こむこむ館」

福島駅から徒歩約3分。NHK福島放送局に隣接している 福島駅から徒歩約3分。NHK福島放送局に隣接している

児童書を中心に3万2000冊がそろう「子どもライブラリー」、プラネタリウム、迷路やゲームなどを備えた体験型展示などで構成する複合施設。子ども向けのイベントやワークショップも頻繁に開催され、休日を中心に親子連れでにぎわいます。

スポット②直筆楽譜など貴重な資料を展示「福島市古関裕而記念館」

外観は古関の代表作「とんがり帽子」をイメージして設計された 外観は古関の代表作「とんがり帽子」をイメージして設計された

NHK連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルにもなった福島市を代表する作曲家・古関裕而に関する貴重な資料を展示しています。2021年3月に館内を全面リニューアル。古関メロディーを体感できる立体音響施設を備える他、人柄が垣間見える家族や音楽仲間との写真も公開しています。

スポット③多彩な店舗が立ち並ぶ「県庁通り商店街」

福島県庁前から信夫山公園東側入口を結ぶ通りに商店街がある 福島県庁前から信夫山公園東側入口を結ぶ通りに商店街がある

2021年にアーケードの改修工事が行われ、近年は雑貨店やカフェ、アパレルショップなど若者をターゲットにした店が続々オープンしている注目の商店街です。福島市の秋の風物詩「福島稲荷神社例大祭」の開催時にはたくさんの露店が並び、にぎわいを見せます。

06| 福島市の行政サービス:移住者や農業を始めたい人を手厚くサポート

福島市では移住者や移住を希望する人へさまざまな支援を行っています。その一例をご紹介。

●福島市UIJターン移住支援金
東京都および神奈川、埼玉、千葉各県から福島市に移住し所定の要件を満たした場合、単身世帯に60万円、2人以上の世帯に100万円の移住支援金を交付します。
※福島市「東京圏から福島市へ移住して『最大100万円』」より

●移住希望者に対する宿泊費の補助
移住を希望する人、またはその準備のために福島市を訪れた人が市内の宿泊施設に宿泊した場合、宿泊費の一部を補助します。
※福島市「移住希望者に対する宿泊費の補助」より

●移住希望者必見!湯めぐりパスポート
2020年7月30日以降に福島市に転入し一定の要件を満たした場合、市内にある飯坂温泉(鯖湖湯・波来湯)、高湯温泉(あったか湯)、土湯温泉(中之湯)の4つの公衆浴場の入浴料が最長3年間無料になります。さらにオリジナルタオルとトートバッグのうれしいプレゼントも。
※福島市「移住希望者必見!湯めぐりパスポート」より

●あぐりっしゅサポートパッケージ
福島市で新たに就農を希望する人を対象に、相談・体験・研修・営農・定着に至る各ステップで必要な支援を行います。
※福島市「福島市は就農希望の方を支援します【あぐりっしゅサポートパッケージ】」より

07| 福島市に住みたくなったら、知っておきたい家賃相場と新築物件の価格帯

家賃の相場や新築マンション、新築一戸建ての購入価格はいくらぐらいか、不動産・住宅情報サイト「ライフルホームズ」で調べてみました。(2021年12月1日現在)

賃貸マンション・アパートの家賃の目安は下記です。

ワンルーム・1K・1DK:42,800円 
1LDK・2K・2DK:52,100円
2LDK・3K・3DK:59,000円


ちなみに県内の他の3市の家賃はこちら(1LDK・2K・2DKの場合)。

郡山市:56,800円   
会津若松市:63,000円
いわき市:55,900円


県内の主要4市の中でも福島市は家賃相場が安い方で、築年数や立地の選択肢の幅を広げれば1か月27,000円のアパートもありました。

新築マンションは福島駅から徒歩15分圏内で間取りを2LDKで検索すると、2400万円台、中古は900万円台からありました。

福島市内の新築一戸建ては2190万円から多くの物件が販売されています。

佐藤友希(クリエイティヴエーシー)

この記事を書いた人

佐藤友希(クリエイティヴエーシー) ライター

福島県の記事一覧

最新の街の住みやすさ記事

都道府県から探す

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄