公開日: 2022.04.20 最終更新日: 2022.09.09

静岡県一の面積・人口を誇る政令指定都市、浜松の住みやすさや治安を紹介

静岡県一の面積・人口を誇る政令指定都市、浜松の住みやすさや治安を紹介

静岡県の西部に位置し、東海エリアでは名古屋市に次ぐ人口を擁する大都市、浜松市。東京や大阪へのアクセスも便利な都市として知られています。広い市域には汽水湖で魚介が豊富な浜名湖や、温暖な気候を活かし豊富な農作物が収穫できる平野の農地、そして鬱蒼とした木々が生い茂る山間地も。多彩な魅力が凝縮された浜松市の街の概要や、主要駅のアクセス、治安、支援制度などを解説します。

Text:アントレース

Text:アントレース

blog

01| 浜松の概要:静岡県最大の面積・人口を誇る街

静岡県浜松市は、東京圏と大阪圏のちょうど中間に位置し、静岡県の西部一帯が市域になっています。その広さは1,558平方km。静岡県の約2割を占め、伊豆半島よりも広いといえば、その大きさを想像できるでしょうか。また、人口は県庁所在地の静岡市よりも多く、県内一の80万人弱にもなります。

古くは徳川家康が築いた浜松城の城下町として栄え、江戸時代には東海道の宿場町として賑わいました。明治末期の1911年には早くも市制を施行しており、2005年に天竜川・浜名湖地域12市町村と合併、2007年には7区の行政区を持つ政令指定都市へと移行しました。こうして、面積、人口とも日本で有数の都市となり現在に至ります。

その巨大さゆえに、東側を磐田市、周智郡森町、島田市、榛原郡川根本町、西側を湖西市、愛知県の豊橋市、新城市、北設楽郡東栄町、同豊根村、北側は長野県飯田市、下伊那郡天龍村と、多くの市町村と接します。地形も、天竜川中流域の急しゅんな中山間地、扇状地に広がる下流域の平野部、河岸段丘の三方原台地、そして浜名湖から太平洋の沿岸部と多様性に富んでいます。日本を代表する急流・天竜川が市内を縦断して遠州灘へと注ぎ、市内西端には日本で十番目の大きさを誇る汽水湖の浜名湖があります。

市内は、オートバイや楽器の世界的なメーカーを筆頭に先端技術産業が集まる都市部、温暖な気候を活用した農業の盛んな平野部、豊富な魚介に恵まれた沿岸部、温泉も湧き出るリゾート地の北部地域、そして森林が広がる中間山地と、まるで日本の国土をギュッと凝縮したような多彩さ。

年平均気温(平年値)は14.5~16.0℃、年間雨量(平年値)は約1,800~2,500mm。年間日照時間は 2,100時間以上と長く、温暖で恵まれた気象条件にあります。豊富な農水産物に恵まれ、充実した都市機能や多彩な自然が享受でき、日本を代表するメーカーの拠点であり、気候温暖で住みやすさ良好。まさに三拍子も四拍子も揃った街といえるでしょう。

02| アクセス:東京・大阪へは90分。日本の東西の大動脈が走る

浜松市は、JR東海道新幹線や東名高速道路、新東名高速道路(建設中)が通り、東西交通のアクセスが抜群の立地。JR浜松駅から東海道新幹線を利用すれば、東京までは約90分、名古屋まで約30分、京都まで70分、新大坂までは90分で行くことができます。車では東名高速道路を利用して、東京・大阪までは3時間弱、名古屋までは約1時間の距離です。

市内の鉄道網は、JR浜松駅を通り東西を結ぶJR東海道本線、JR浜松駅に隣接する新浜松駅を起点として市内の南北を結ぶ遠州鉄道、そして浜名湖の北側を湖岸に沿って進む天竜浜名湖線があります。さらに天竜区のエリアにはJR飯田線も走っています。バス交通網も発達しており、市内の中心部から多くのエリアに向かって伸びています。

03| 主要駅周辺の様子:かつての城下町から発達し、商業・文化施設も充実

アクセスの中心となるJR浜松駅周辺は、市内最大のショッピングゾーンとなっています。浜松駅は江戸時代の城下町に隣接する場所にあるため、かつての中心部がそのまま駅前の繁華街として発達しました。特に賑わうのは北口側で、新浜松駅、バスターミナルもこちらにあります。

JR浜松駅と一体になっているのが駅ビルの「メイワン」。本館部分の雑貨やファッション、レストランのフロアのほか、「ビックカメラ浜松店」や改札直結で浜松グルメを楽しめる「エキマチ」で構成されます。本館、新館で構成される「遠鉄百貨店」は、静岡県内で最大規模の売り場面積を誇り、充実のデパ地下グルメはじめ海外ハイブランドから国内有名ブランドまでショッピングが楽しめます。浜松駅から徒歩5分ほどの「ザザシティ浜松」は、ファッション、雑貨のショップやフードホールのほかに、スーパー銭湯、シネコンのTOHOシネマズと休日を過ごすのに絶好のスポットです。

北口には、電車の車窓や市内各所からも目に入る地上45階建ての浜松のランドマークである「アクトシティ浜松」があります。ひときわ高いタワーにはホテルやショッピング街、イベントホールやパイプオルガンや四面舞台のある大ホール、さらに全国で唯一の公立の楽器博物館である「浜松市楽器博物館」も入っています。

古くから栄えた街だけあって、駅周辺にはジョイフルモール商店街、サザンクロス商店街といった昔からの商店街も。浜松を代表するグルメであるうなぎ料理のお店も商店街などで味を競っています。静岡県の最大都市だけあって、ショッピング施設や文化的な施設に恵まれ、快適かつ便利な日常生活を送れそうです。

04| 治安と暮らし:政令指定都市の中では犯罪率下位で安心して暮らせる

市域が巨大な浜松市は、エリアによって街の様子が大きく異なります。浜松市の中心エリアとなる中区、東区、郊外の田園エリアで住宅地と農地が広がり大型商業施設の進出も進む浜北区について、それぞれ見ていきましょう。

犯罪件数は、中区が1595件、東区が777件、浜北区が391件となっています。これを人口との比率で見ると中区が0.0067、東区が0.0061、浜北区が0.004となり、郊外の浜北区のほうが犯罪件数の割合は少なくなります。内訳をみるといずれも窃盗犯が6割を占め、ついで粗暴犯といった実態です。ただし、市内全体で見ても犯罪件数は平成20年から30年の間に半減するなど治安は向上しており、安心して住むことができるでしょう。なお、浜松市の人口1,000人あたりの刑法犯認知件数は5.24件となっており、これは全国の政令指定都市20の中で4番目に少ない件数になり、治安のよさを裏付けているといえそうです。

05| マドリームおすすめ、家族で自然を感じるお出かけスポット

浜名湖をはじめ豊かな自然に恵まれた浜松は、四季折々に楽しめるスポットが目白押し。マドリームが厳選する、子育て世代におすすめのスポットを4つご紹介します。

①世界の色鮮やかな花々に囲まれる「はままつフラワーパーク」

市内の名湯として名高い舘山寺温泉の近く、浜名湖畔の自然の地形を活かした約30万平方メートルの広大な敷地にある「はままつフラワーパーク」。市内随一の花見スポットである桜並木や、世界一と讃えられる「桜とチューリップの庭園」をはじめ、フジ、バラ、ハナショウブなど、四季折々の花々を観賞できます。

季節ごとに展示替えのある大温室「クリスタルパレス」や水と音楽がハーモニーを奏でる大噴水ショー、園内を1周できるフラワートレインなど魅力がつきません。また、桜やフジの季節、クリスマスシーズンには夜間開園も実施されます。

②約90種の動物たちが飼育されている「浜松市動物園」

1950年、静岡県で最初の動物園として開園しました。その後、現在地の浜名湖に面した場所に移転開園。周辺の起伏に富んだ地形を活かし、まるで森の中にいるかのような佇まいの動物園です。約90種の動物を飼育展示しており、なかでも霊長類の展示は国内最大級、ニシローランドゴリラや国内ではここでしか見ることができないゴールデンライオンタマリンも。

毎日、ヤギ・ヒツジのエサやりやモルモットのふれあいイベントを実施。8月の土曜日にはナイトZOOも開催されます。

③大自然に包まれた農業公園「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」

東京ドーム9個分に及ぶ敷地で、約120種、4,300本あまりの温帯から熱帯に育つ果樹を栽培する農業公園。ウメ、サクランボ、ブドウ、ナシ、ミカン、イチゴなど年間15種ほどのフルーツ狩りが楽しめます。

レストランやワイナリー、本格窯焼ピザが楽しめるピザ工房などでグルメも満喫できます。果物をかたどった大型の遊具でも遊べ、冬季にはきらびやかなイルミネーションも実施しているので、子どもたちの喜ぶ笑顔が見られるスポットです。

④絵本の世界のようなメルヘンな空間が広がる「ぬくもりの森」

住宅街の坂道を上っていくと現れる、中世ヨーロッパのとある小さな村に迷い込んだような、まるでおとぎの国にいるような、穏やかで不思議な空間。「ぬくもりの森」は、森のなかにヨーロッパ調のかわいい建物が点在する場所です。もともとは、独自の建築スタイルを追求する建築家の、故・佐々木茂良氏が、設計事務所兼家具工房を建設したのが始まり。その世界観をわかりやすく伝えようと、雑貨店、カフェ、レストランなどを20年の歳月をかけて造っていきました。

ランチが自慢のレストランや中庭のカフェでくつろげ、雑貨店やハンドメイドショップでお土産を品定めできます。

06| 浜松市の制度:結婚から妊娠、出産、子育て、教育の切れ目のない支援

妊娠~小学校低学年ぐらいまでの子どもに関する情報は、浜松市子育て情報サイト「ぴっぴ」で、行政と民間の両方の情報を発信しています。「知りたい」「相談したい」「つながりたい」と子育てにまつわる各種制度や相談先、サークル情報など、子どもの年齢や地域などで検索できます。

地域で子どもを見守り、子育てを支援していこうと、就園前の子どもと保護者が気軽に集うことができる「子育て支援ひろば」を、市内各所にて週4~7日の頻度で開催。絵本の読み聞かせなどで親子のコミュニケーションを深めたり、保護者同士での交流を楽しんだりできるほか、職員スタッフが常駐しているので子育てについての相談も可能です。妊婦さんも育児について学べます。

このほかにも、子育てを援助してほしい人と援助したい人がそれぞれ会員となり助け合う「ファミリー・サポート・センター」や、病気や病気回復期にある子どもの一時預かりを行う「病児・病後児保育」など、子育てと仕事の両立を支援する制度も充実しています。さらに、市内の7つの区ごとに独自の子育て支援施設もあり、そこでも親子の交流や遊びが可能となっています。

07| 知っておきたい浜松市の家賃と新築物件の相場

浜松市の賃貸マンション・アパートの家賃の目安は下記。

2DK:50,000円
3DK:65,000円
1LDK:60,000円
2LDK:75,000円


新築・分譲一戸建ては

2,000万円台後半

で多くの物件が販売されています。

中古マンションは

築5年~15年以内:2,000万円台
それ以上の築年数:1,000万円台後半


となります。

08| 浜松周辺のことならおまかせ! おすすめ

アントレース

この記事を書いた人

アントレース Text

blog

マドリームおすすめ 静岡県の不動産・施工会社

静岡県の記事一覧

最新の街の住みやすさ記事

都道府県から探す

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄