公開日: 2023.08.30 最終更新日: 2023.08.30

都心各エリアへのアクセス抜群。新しさと懐かしさが入り交じる五反田の住みやすさ&治安

都心各エリアへのアクセス抜群。新しさと懐かしさが入り交じる五反田の住みやすさ&治安

五反田駅前

東京都品川区にある五反田駅はJR山手線と東急池上線、都営地下鉄浅草線の3路線が乗り入れる、東京南部のターミナル駅のひとつ。多種多彩な飲食店や昔懐かしい商店街などで知られる街でしたが、近年は「五反田バレー」と称されるように、IT系を中心とした企業が集まるビジネス街の顔も持ちます。また、駅直結の商業施設や数多くのスーパーなど買い物環境も充実。しかも、駅のすぐ近くを流れる目黒川沿いなど自然に親しめるスポットも。都心のどこへ出かけるにも便利がよく、買い物や休日の憩いのスポットが充実、しかも気軽に立ち寄れる飲食スポットも豊富。バランスのよい都会生活が送れるエリアです。

編集:アントレース

編集:アントレース

blog

01| 五反田の概要:アクセス至便で商業施設充実

五反田駅西口 五反田駅西口

五反田駅は東京都品川区の北部にある駅で、JR山手線と東急池上線、都営地下鉄浅草線の3路線が乗り入れています。山手線を利用すれば品川駅や東京駅、渋谷駅、新宿駅など主要駅へのアクセスがよく、効率よく乗り換えができるので都心各方面のオフィス街へも容易にたどり着けます。また、都営浅草線を利用すれば羽田空港や成田空港へもアクセスも便利。さらに、池上線が品川区と大田区の代表的な住宅地とを繋いでいます。

もともとビジネス街の顔を持っていましたが、近年はIT系のベンチャー企業が多く集まることから「五反田バレー」の名で注目を集めています。企業がオフィスを構える理由は「渋谷や六本木に比べ賃料が安価」「交通の利便性が高い」「周辺に社員が住みやすい」といったことが挙げられており、それがそのまま現在の五反田の魅力をあらわしています。

現在の五反田駅周辺は、さまざまな人々を引き付けるようになり、JR駅に直結する「アトレ五反田」、東急駅に直結の「五反田東急スクエア」をはじめとした商業施設が開業。従来から周辺ビジネス街で働くオフィスワーカーをターゲットにする多種多彩な飲食店がありましたが、それらが相まって活気あふれる駅前を創り出しています。また、昔からの佇まいを残す「五反田商店街」も大きな魅力のひとつです。

五反田駅周辺 五反田駅周辺

こうした賑やかさの一方で、駅から少し離れると東京・城南地区を代表する閑静な住宅街が広がります。また、教育施設も数多くあり、全国で初めて施設一体型小中一貫教育を行うようになった品川区立日野学園をはじめ、私立の中高一貫校や大学のキャンパスも。学生の姿が多い街でもあります。そして、五反田周辺には自然にふれあえるスポットも。五反田駅と大崎駅の間を流れる目黒川は、水辺を活かした街づくりが進行中。なかでも親水公園の「五反田ふれあい水辺広場」は、人工芝のスペースにベンチ等が整備され、敷地内にはイベントスペースやイタリアンレストランも。桜並木もあり、春は川面に映える桜の花を楽しめます。

都心各地へのアクセスが非常に良好で、駅前は大型商業施設や多種多彩な飲食店がそろい、少し歩けば自然のある閑静な住宅街が広がる五反田。仕事、日常生活を問わず利便性の高いエリアだといえます。

02| アクセス:山手線利用で、主要駅へ乗換なしでアクセス

五反田駅西口 五反田駅西口

JR山手線と東急池上線、都営地下鉄浅草線と3路線が利用可能な五反田駅。なんといっても山手線が利用できるのは大きなアドバンテージで、都心の主要駅へ乗り換えすることなくアクセスできます。また、山手線の主要駅で地下鉄などに乗り換えれば、山手線内の主要エリアへも気軽に出かけられます。さらに、都営浅草線を利用し、泉岳寺駅でエアポート特快に乗り換えれば約1時間45分ほどで成田空港へアクセスすることもできます。また、池上線の沿線は、有名な戸越銀座商店街をはじめ、各駅に賑やかな商店街や個性的なお店が点在。休日などにふらりと出かけて楽しめるのも五反田ならではです。

・山手線
品川駅約6分、東京駅約20分、上野駅約33分、渋谷駅約8分、新宿駅約15分、池袋駅約24分

・都営浅草線
三田駅約7分、新橋駅約11分、日本橋駅約17分、浅草駅約25分、押上<スカイツリー前>駅約29分

・東急池上線
戸越銀座駅約3分、池上駅約19分、蒲田駅約24分

03| 五反田駅周辺の様子:駅商業施設やスーパー、飲食店が充実

五反田駅東口 五反田駅東口

JR山手線が南北に走る五反田駅周辺は大きく東口と西口に分かれます。各路線の駅は、東急池上線の駅が地上から一番高い位置にあり、続いてJR山手線の駅、そして都営浅草線の駅が地下となっています。

JR五反田駅と直結なのが「アトレ五反田1・2」。1が1F~5F、2が1F~3Fのフロアにスーパーの成城石井をはじめ、ファストフードやカフェなどが揃います。一方、東急池上線五反田駅と直結なのが「五反田東急スクエア」。B1~8Fまでにスーパーの東急ストアをはじめ、ファッション・雑貨、インテリア、書籍、レストラン・カフェなどのショップがあります。なお、駅周辺には「まいばすけっと」「キョウダイマーケット」「マルエツプチ」「ライフ東五反田店」などのスーパーもあり、ドラッグストアも数多く出店しているので、日常の買い物に困ることはありません。

駅の東側は、古くからの歓楽街。その頃のイメージを残しつつも新しい飲食店が次々とオープンしています。西側は飲食店街とオフィス街が混在するエリアに。目黒川にかかる大崎橋から先は「五反田商店街」で、肉料理店をはじめ数多くのお店が軒を連ねます。駅周辺には黒毛和牛のハンバーグが名物の店、立ち食いうどんの有名店、60年以上の歴史を誇る洋食の老舗をはじめ、気取りなく美味しいものを味わえる飲食店も数多くあります。

04| 治安:品川区の治安は良好だが、駅近くはやや不安

かつての五反田駅周辺は、繁華街・歓楽街として知られ、どうしても治安の悪いイメージがつきまといました。しかし、ビジネス街として発展し、高層マンションなど住宅も整備されるようになると治安も向上。

五反田駅周辺が属する品川区の2022年の犯罪発生率(人口1,000人あたりの犯罪件数)は、東京23区で件数の少ないほうから9位と、かなり治安のよい部類になります。ただし、区内の住所別の犯罪件数を比較すると、駅周辺の東五反田1・2丁目、西五反田1・2丁目は、他のエリアに比べて件数が多くなっています。駅チカの利便性と安心感とのバランスを考えて住まい選びをしたいものです。

05| マドリーム厳選、懐かしさを感じるミュージアム&グルメスポット

歴史の変遷とともに街の様子も変わってきた五反田。時代ごとの歴史を感じさせるスポットも点在します。その中からマドリームがおすすめの3つのスポットをご紹介!

①容器包装の歴史を楽しく学べる「容器文化ミュージアム」

容器文化ミュージアムの内観 容器文化ミュージアムの内観

私たちの生活と切っても切れない関係にある容器包装にかかわる文化を発信するミュージアムです。長い歴史の中で容器包装がどのように考えられ、作られ、利用されてきたのか、その進化の様子を容器の実物やアニメ、年表等の展示で、年代を追って紹介しています。

容器文化ミュージアムの内観 容器文化ミュージアムの内観

館内では、QRコードをスキャンしたり、答えが隠された扉を開けてみたり、分別ゲームなどで、楽しみながら容器包装に隠されたヒミツを学ぶ事ができます。また、容器包装に関連するオリジナルグッズや容器素材を使った工作セットなどを館内の自動販売機で販売しています。

創業時から30年変わらない昭和レトロな喫茶店「カフェ ビアンコ」

カフェ ビアンコ内観 カフェ ビアンコ内観

JR五反田駅西口から徒歩約3分のオフィス街にある「カフェ ビアンコ」。ダークブラウンを基調とした落ち着いた店内には、朝7時のオープンに伴い、近隣で働くオフィスワーカーが次々と訪れます。朝11時までのモーニングセットの他にも、サンドイッチやホットケーキなどのドリンク付きセットも豊富。

カレーランチ カレーランチ

ランチタイムはルーが1回おかわり可能な自家製辛口カレーや、5種類から選べるピラフなど、喫茶店定番メニューがずらりと並びます。店内は喫煙可能なので、タバコのニオイが気になる人は注意。

③リアルな台湾式朝食を味わえる「東京豆漿生活(とうきょうとうじゃんせいかつ)」

店内の様子 店内の様子

日本における、台湾の朝ごはん専門店のさきがけとして知られるお店です。台湾では、忙しい朝は屋台などで外食したりテイクアウトで済ませたりするライフスタイルが定着しています。そのため、早朝から朝ごはんの店がオープンしているそう。そんな台湾の食文化をまるごと体験できます。

鹹豆漿(豆乳スープ)と焼餅のサンド 鹹豆漿(豆乳スープ)と焼餅のサンド

一番人気は、「鹹豆漿(豆乳スープ)」と焼餅のサンド。優しい味わいのスープにネギ卵と揚げパンの油条をはさんだ焼餅のサンドが好相性です。そのほかにも豆乳と一緒にいただきたい台湾ならではのパンが種類豊富に揃います。また、毎朝しぼる豆乳も、いろいろな味わいがラインナップされています。

06| 独自の支援制度:独自の支援策で切れ目のないサポートを実施

五反田駅のある品川区は、妊娠・出産・育児の切れ目のない支援を行う「ネウボラネットワーク」の整備をはかるなど、子育支援制度が充実。さまざまな場面でサポートが受けられそうです。

・しながわパパママ応援アプリ
子育て世帯の不安解消などに役立つ無料のスマートフォンアプリを配信しています。区の子育てに関係した事業の情報が得られるほか、「子育て支援講座」の講師によるアドバイスコラム、乳幼児用の料理レシピ、助産師による産前産後のケアに関する情報などが入手できます。

・一時保育・休日保育
「一時保育」では、保護者が通院・冠婚葬祭などで在宅できないとき、区立の保育園が子どもを預かってくれ、生後4カ月から小学生に上がるまでの子どもが利用できます。「休日保育」は、休日に出勤があり家にいられない保護者のため、休日に保育園へ子ども預けられる制度です。

・小中高一貫教育
品川区では全国に先駆け、2006(平成18)年度から全ての区立小・中学校で小中一貫教育を導入済みです。1年生からの「英語科」や「市民科」など独自のカリキュラムや教材を使った教育を展開しています。

07| 知っておきたい家賃相場と新築・中古物件の価格帯

品川区五反田周辺の家賃や新築物件の相場は次の通りです。

賃貸マンション・アパートの目安は下記。

2DK:180,000円
3DK:250,000円
1LDK:210,000円
2LDK:270,000円


新築・分譲一戸建ては

15,000万円台後半

から多くの物件が販売されています。

中古マンションは

築5年~15年以内:10,000万円台後半
それ以上の築年数:7,000万円台後半


となります。

08| 五反田周辺ことならおまかせ! おすすめの不動産会社

Tags

アントレース

この記事を書いた人

アントレース 編集

blog

マドリームおすすめ 東京都の不動産・施工会社

東京都の記事一覧

最新の街の住みやすさ記事

都道府県から探す

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄