“自分らしさ”をデザインする暮らしスタイルマガジン「マドリーム」

無料で読める
電子雑誌

2022.05.16

街に漂う懐かしい雰囲気。ほっとする「故郷」になる街・京都府宇治市の住みやすさと治安を紹介

10円硬貨に描かれた世界遺産「平等院鳳凰堂」があり、『源氏物語』の舞台にもなった京都府宇治市。その名を掲げる宇治茶の産地としても知られ、観光地として人気ですが、宇治は京都屈指の住宅街でもあります。その魅力と住みやすさ、治安についてご紹介しましょう。

ライター:中野祐子

ライター:中野祐子

宇治橋のたもとに設けられた『源氏物語』の作者・紫式部の像 宇治橋のたもとに設けられた『源氏物語』の作者・紫式部の像

<目次>
1、宇治の概要: 風光明媚で歴史深く、住宅地の顔も持つ街
2、アクセスと主要駅: 京都の中心地へ15分ほどの好アクセス
3、治安: 犯罪数は減少。夜間は注意を
4、宇治でのほっこりライフを叶えるスポット
5、宇治の制度:市が宣言! 「 子育てにやさしいまち・うじ」
6、知っておきたい家賃と新築物件の相場
7、宇治のことならおまかせ! おすすめの不動産会社

1、宇治の概要: 風光明媚で歴史深く、住宅地の顔も持つ街

1,000年近く、幾度も戦火を免れた日本の宝であることから10円硬貨の絵柄に採用された「平等院鳳凰堂」

宇治市は府の南部に位置し、京都市や滋賀県大津市に接する街です。市の中央に流れる宇治川や西側に連なる山々と、自然豊かで四季折々の風景を楽しむことができます。さらに世界遺産の世界遺産の平等院・宇治上神社をはじめ、寺社仏閣も多数。平安時代には貴族の別邸が建てられ、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台になったことから、街には「宇治市源氏物語ミュージアム」があり、源氏物語の貴重な資料を見たり、趣向を凝らした展示で光源氏が生きた平安の世界を体感したりできます。


写真協力:宇治市
平安時代に建立された神社で、本殿は1,000年も現存する日本最古の神社建築ということから世界遺産にも登録された「宇治上神社」

宇治は、日本屈指のお茶の産地としても有名。市の西側は茶畑が広がり、栽培される「宇治茶」は日本だけでなく、世界にも出荷されています。

そんな自然と歴史に彩られた宇治は、京都の観光地というイメージが強いのですが、実は人口数が約18万人と、府内第1位の京都市に次ぐ多さ。利便性も機能性も高い都市でありながら、街はのんびりとした雰囲気。空気も清々しく、のどかな田舎や懐かしい故郷で暮しているような毎日を過ごせるとあって、住む人、住みたい人が多いことも納得です。

2、アクセスと主要駅: 京都の中心地へ15分ほどの好アクセス


写真協力:宇治市
寺社仏閣のような外観が街になじむJR宇治駅

宇治は、奈良や京都という「都」への近さと宇治川の活用によって、古くから交通の要所としても栄えてきました。現在は「JR奈良線」「近鉄京都線」「京阪電気鉄道宇治線」「京都市営地下鉄東西線」と4つの路線が走り、京都、奈良、大阪への好アクセスを叶えています。

主要駅はJR宇治駅で、京都駅まで約17分で行き来可能。駅前には大小さまざまなスーパーや銀行、郵便局など生活に必要な施設が整っています。また、観光スポットへの入り口でもあり、老舗茶園の宇治抹茶などがいただけるカフェや飲食店も充実。その中で、「スターバックス京都宇治平等院表参道店」は、その地域の歴史や文化などを織り込んだ「スターバックス リージョナル ランドマークストア」のひとつ。店には枯山水の庭園や茶道の野点を思わせるテラス席などがあり、地元の人たちにも人気があります。

近未来的なデザインで映えスポットとしても人気の京阪宇治駅

もう一つの主要駅、京阪宇治駅は、コンクリート打ち放しの独創的な建物が有名。京阪電車のターミナルである中書島駅まで15分ほどで行き来でき、そこから京阪本線を使って京都の中心部・四条や三条、さらに大阪のビジネス街、淀屋橋や北浜、京橋などにも行けて便利です。

JR奈良線の六地蔵駅からは、京都市営地下鉄東西線へ乗り換えが可能。近鉄京都線も便利で、同志社大学の京田辺キャンパスに近く、宇治市内で乗降客数が最も多い大久保駅と、JR小倉駅も近い近鉄小倉駅からは京都駅まで15分ほど。奈良方面にも1本でアクセスできます。

さらに、各駅からはバス路線が充実。道路網も京滋バイパスや国道24号線が通っているので、車での通勤や外出も便利です。

3、治安: 犯罪数は減少。夜間は注意を

宇治市の2021年度の犯罪認知件数は481件。京都府の犯罪認知件総数は10,483件、うち7,000件近くが京都市で発生しているので、宇治市の治安はよいといえるでしょう。

また、2020年度の犯罪認知件数は684件だったので、減少傾向に。市と警察署が協力し、「青色防犯パトロール車」が通学路などを巡回。地域のボランティアが子どもの登下校時に「あいさつ運動」を行うなど、防犯啓発活動にも取り組んでいます。

ただ、自然豊かな分、夜間は静かで、人通りが少なくなるので、一人歩きは避けましょう。また、宇治の犯罪の多くを占める空き巣や自転車の窃盗、車上荒らしには注意を。

4、宇治でのほっこりライフを叶えるスポット

のどかな田舎のような、懐かしい故郷のような雰囲気と魅力あふれる宇治。日々の暮らしも気持ちも穏やかにしてくれる、地元の人も推しのスポットを紹介します。

スポット① 街の象徴。癒しと潤いをもたらす「宇治川」

地元の人の癒しの場であり、故郷の風景でもある宇治川

街の中心を流れ、宇治の代表的存在である宇治川。川には646年に完成といわれる「宇治橋」をはじめ、風流な橋がいくつも架かり、日々の暮らしで利用するたび心が和みます。

宇治川の中州・宇治公園にかかる喜撰橋。「浮島十三重石塔」は存する日本最大の最古の石塔で街のシンボル的存材

川沿いは日々の散歩や休日の散策にぴったり。川の西岸の平等院との間にある「あじろぎの道」は桜や紅葉など四季折々の風景を楽しみながら歩くことができます。

しっとりとしたムードが漂う「さわらびの道」

川の東岸の「さわらびの道」は、宇治神社から世界遺産の宇治上神社、源氏物語ミュージアムへと続き、宇治の歴史を感じながら散歩や散策を楽しめます。

写真協力:宇治市
鵜匠と鵜の懸命な姿に感動を呼ぶ鵜飼い。かがり火が宇治川を照らす光景が幻想的

また、宇治川で夏になると行われるのが鵜飼い。平安時代から始まったといわれ、現在活躍する3人の鵜匠のうち2人が女性。宇治の風物詩として地元の人も見物に訪れます。

スポット② 訪れるたびに美味しく、楽しく、癒される。お茶と宇治のまち交流館「茶づな」

写真提供:お茶と宇治のまち交流館「茶づな」

写真提供:お茶と宇治のまち交流館「茶づな」
2階「展望テラス」からは公園と街を一望。無料で利用できるのもうれしい

写真提供:お茶と宇治のまち交流館「茶づな」
抹茶の点て方や美味しい宇治茶の入れ方などを学べ、自宅でも活用できる

「宇治のまち・ひと・歴史・文化をつなぐプラットフォーム」をコンセプトに2021年にオープンした「お茶と宇治のまち歴史公園」の中にある「茶づな」。「宇治のお茶が1本の綱のようにたくさんの人と歴史をつなぐ」という市内の高校生のアイディアから名付けられました。

施設内は宇治抹茶メニューが揃うレストランやカフェ、宇治茶を購入できるショップ、お茶のミュージアムが揃い、茶摘みや抹茶づくりなどの体験プログラムも充実。緑豊かな庭園や約400年前、太閤秀吉(豊臣秀吉)が伏見に陸路と水路を集約するために築いた「史跡宇治川太閤堤跡」などもあり、子どもを遊ばせたり、お茶を味わったりと、地元の人にも人気となっています。

スポット③いつ訪れてもあきない豊富な自然と史跡

宇治は自然も広々とした公園も歴史的建造物も多数。その中で、地元の人がよく利用するスポットをピックアップしてご紹介しましょう。

●大吉山展望台

写真協力:宇治市
展望台からは宇治川や史跡などを一望でき、夕日の名所としても知られる

標高131mの大吉山の中腹にある展望台。宇治川や平等院など宇治の街を見渡すことができます。さわらびの道から宇治上神社の北側20分ほどの登山道は「東海道自然遊歩道」に指定され、道幅が広く、勾配もさほど急ではないので、四季折々の景色を楽しみに行く地元の人がたくさんいます。

●山城総合運動公園 (太陽が丘)

京都府内最大級の規模を誇る公園。国体も開催された陸上競技場や野球場、球技場といった運動施設ゾーンと、レクリエーションゾーンがあり、広大な芝生広場、さまざまな遊具が設置された「遊びの森」、有料のキャンプゾーンやツリーアスレチック、夏はプールもオープン。1年中、何かと遊べることはもちろん、部活動の試合なども行われるので、地元の人にはおなじみの場所です。

●三室戸寺

庭一面に咲き誇る三室戸寺のツツジ。まるで花の壁のようで圧巻

770年創建の本山修験宗の別格本山。京都屈指の花の名所として知られ、5,000坪もの大庭園は、5月には2万株のツツジ、6月には50種・1万株のアジサイ、7~8月には250種のハスの花が満開に。桜や紅葉も美しく、訪れるたびに心が洗われます。

5、宇治の制度:市が宣言! 「 子育てにやさしいまち・うじ」

多くの人が住む宇治は、育児や移住の制度も整っています。

子育ては、宇治市役所1階に「来庁者子育て支援コーナー」を設け、保育士や専門相談員に育児について相談したり、さまざまな支援事業・制度を紹介してもらえます。宇治市の公式Youtubeチャンネル「宇治市ちはや茶んねる」では、沐浴やお着替えの仕方など、子育て関連の動画を配信中。初めての出産、赤ちゃんの育児を行う宇治のママの参考になっています。

さらに小学校入学までの乳幼児の支援、施設などさまざまな情報を掲載した『宇治市子育て情報誌』を毎年発行。市の公共施設で冊子を無料配布しているほか、パソコンやスマホで電子書籍をチェック、ダウンロードすることができて便利。「LINE」での情報発信も行っています。

子どもの医療費も健康保険に加入している15歳未満の児童は保護者の所得制限なしに、1医療機関につき、1か月200円を除く自己負担額を支給するなど、支援、手当てが充実。上記『宇治市子育て情報誌』をチェックしたり、市役所などで問い合わせを。

保育所は、公立、私立、認定、認定外の保育所が多数あり、待機児童0を維持。市内に11あるすべての中学校区に「地域子育て支援拠点」を設置し、0歳~就学前の子どもを遊ばせたり、保護者が交流したり、専門家に育児相談もできます。

移住については、市内の空き屋などの所有者に対してアドバイザーを派遣、必要な助言や情報提供を行ってくれます。また、宇治に転居して三世代近居を始める子育て世帯が空き家を活用する場合、リフォームなどの費用を補助。住宅の建築、リフォーム時の景観形成や緑化などについても助成金が受けられる場合があります。

6、知っておきたい家賃と新築物件の相場

宇治の家賃の相場は次の通りです。

1K 4.57万円
2DK 6.7万円
2LDK 7.01万円


宇治の新築・分譲一戸建ての相場は
2,180〜6,680万円

中古マンションは
1,586万円
となっています。

自然と歴史を感じ、しかも利便性が高い市の中心部が人気エリア。近鉄大久保駅周辺は大学生や単身向け物件も揃っています。小倉や木幡エリアは落ち着きがあり、高級住宅街もあります。賃貸、分譲、注文を問わず、住みたい人が多い街なので、プロに相談がおすすめです。

7、宇治のことならおまかせ! おすすめの不動産会社

<注文住宅で夢の間取りを叶えたい方におすすめ>

ライフ不動産