公開日: 2022.12.29 最終更新日: 2022.12.29

国際色あふれる洗練された街、港区の住みやすさ&治安を紹介

国際色あふれる洗練された街、港区の住みやすさ&治安を紹介

レインボーブリッジと東京タワー

東京都の中心にあり、千代田区、中央区とともに「都心3区」を構成する港区。日本有数のビジネス街や都心を代表する複合施設があり、駐日大使館の半数以上が区内にあるなどインターナショナルな顔を持ちます。一方で、由緒ある閑静な住宅が広がるのも港区ならでは。ウォーターフロントの海辺など、憩いの場にも事欠きません。質の高い生活が楽しめる港区の街の概要や主要駅のアクセス、治安、支援制度などをご紹介します。

Text:アントレース

Text:アントレース

blog

01| 概要:ビジネスセンターと閑静な住宅街

東京スカイツリーと並び、東京のシンボルとして愛される東京タワー 東京スカイツリーと並び、東京のシンボルとして愛される東京タワー

東京都港区は、東京都の南東部、江戸城(皇居・千代田区)の南側にあたる城南地区に位置します。「港区」という名前のとおり、東側は東京湾に面し江東区と向き合い、北は中央区、千代田区、新宿区、西は渋谷区、南は品川区と接します。

地形は、北西部一帯が台地で、東京湾に面した南東部が低地と埋め立て地となっています。海岸エリアから武蔵野台地にかけて高低差があり、入り組んだ地形のため、坂の多い街として知られ、区内には名前の付いているものだけでも80以上の坂があります。

かつては、広大な敷地の武家屋敷とその間にある町人町が混在したエリア。区内には古くからの重要な街道が2つ通っています。ひとつは新橋から芝、高輪を抜けるかつての東海道である第一京浜国道。もうひとつは赤坂見附から青山、渋谷を抜ける厚木街道、現在の青山通りです。

江戸、東京の中心を占める地域で、現在も千代田区、中央区とともに「都心3区」のひとつとされます。その立地のよさから、様々な企業の本社や中枢機能が集まっており、テレビ局を例にとれば民放のキー局の本社がすべて港区にあるほど。また、日本にある150以上の駐日大使館のうち80以上が港区にあり、外資系企業も多く、インターナショナルなエリアでもあります。

高輪ゲートウェイ駅 高輪ゲートウェイ駅

ビジネスにとって必須であるアクセスのよさも際立っています。山手線・京浜東北線・東海道線などのJR線が走り、品川駅、新橋駅、浜松町駅といったJRでも利用者の多い駅や山手線の新駅である高輪ゲートウェイ駅も区内。地下鉄は、東京メトロの銀座線、丸ノ内線、日比谷線、千代田線、半蔵門線、南北線と各線、都営の三田線と浅草線、さらに京浜急行線、ゆりかもめ、東京モノレールも走っており、都内各所はもとより日本各地へのアクセスも至便です。

その一方で、区内各所に住宅街も形成されており、芝公園や自然教育園に代表される緑地も多く、良好な住環境も港区ならでは。このように多面的な魅力を持つ港区は、大きく5つのエリアから構成されます。

<芝地区>

虎ノ門ヒルズ 虎ノ門ヒルズ

新橋、虎ノ門に代表される、オフィスビルが林立し、平日は昼夜を問わずビジネスマンが行き交う活気あふれるエリアです。近年も新たなビジネス拠点が次々と開発されており、そのビジネス中枢機能をますます高めています。その一方で、東京タワーや竹芝桟橋などの観光スポット、徳川家ゆかりの増上寺に代表される由緒ある神社仏閣も数多くあります。


<麻布地区>

国立新美術館 国立新美術館

仙台坂や鳥居坂など坂の多い街。六本木ヒルズに代表されるショッピングとビジネスの複合施設がある一方で、元麻布や南麻布など山手を代表する高級住宅街が隣接。また、かつての大名屋敷の跡地が幕末に各国大使館として使われるようなったことから、とくに大使館の多いエリアです。さらに、国立新美術館に象徴されるように、都内でも美術館が多いことで知られています。


<赤坂地区>

赤坂迎賓館 赤坂迎賓館

赤坂は、隣接する日本の政治の中枢である千代田区永田町と縁の深いエリア。赤坂見附駅周辺は都心有数の繁華街で料亭が多い地域です。また、近年は赤坂サカスなどの複合商業施設も。隣接する元赤坂エリアは赤坂御用地や迎賓館などがあり、大使館も多くあります。そして、北青山、南青山のエリアは渋谷区の原宿、表参道周辺と一体となり、日本を代表するファッションエリアを形成しています。


<高輪地区>

泉岳寺 泉岳寺

エリアの東西で異なった顔を持つ高輪地区。西側の白金エリアは古くからの高級住宅街で、歴史の感じられる瀟洒な洋館なども。また、緑あふれる国立科学博物館付属自然教育園もこのエリアに。一方、東側は忠臣蔵で知られる赤穂浪士の墓所・泉岳寺をはじめ多くの歴史的スポットが点在。2020(令和2)年にはJRの高輪ゲートウェイ駅が開業し、再開発計画も進行中です。


<芝浦港南地区>

高浜運河 高浜運河

エリア内を多くの運河が走る芝浦港南地区。海運によって世界中から運ばれてくる荷物の積み下ろし場所であり、その保管に使われる倉庫が集まるなど、日本の流通を担う一大基地となっています。品川駅、田町駅のエリアはもともと東京湾で、明治になって埋め立てられた場所。その後も開発は続き、お台場に代表される埋立地が広がります。

日本を代表するオフィス街や商業エリア、そして対照的な閑静な住宅街。その歴史から大使館などインターナショナルな顔を持ち、緑あふれる公園も。そして、交通アクセスも至便。仕事もプライベートもワンランク上の生活が送れるエリアといえます。

02| アクセスと主要駅:新幹線、空の便も利用しやすい

六本木駅入り口 六本木駅入り口

アクセスの中心となるのが、東京メトロ日比谷線と都営地下鉄大江戸線が乗り入れている六本木駅です。日比谷線の沿線には恵比寿、日比谷、銀座、人形町、秋葉原、上野、北千住など東京を代表する繁華街がずらり。都営大江戸線は月島、門前仲町、蔵前など下町エリアへのアクセスがよいのも特徴です。

地下鉄六本木駅の構内 地下鉄六本木駅の構内

新宿駅へは都営大江戸線で約9分渋谷駅へは都営大江戸線から青山一丁目駅で東京メトロ半蔵門線乗り換えて乗車時間は合計約7分。品川駅へは大江戸線大門駅から浜松町駅を利用し、JR山手線を経由して乗車時間は合計約11分。東京駅へは日比谷線の霞が関駅で丸ノ内線に乗り換え乗車時間は合計約9分となっています。

品川駅、東京駅ともアクセスしやすく、日本各地へと伸びる新幹線への乗り継ぎも便利です。また、羽田空港駅へは、大江戸線大門駅で都営浅草線・京急線に乗り換えれば40分ほどです。

路線バスのルートも充実しており、赤坂、新橋、虎ノ門、田町、三田、赤羽橋などの区内主要部分はもとより、渋谷へのアクセスも便利です。

03| メイン駅周辺の様子:日本を代表する2大複合施設

東京メトロ日比谷線の六本木駅は、六本木交差点方面と西麻布方面への大きく2つの改札に分かれます。都営大江戸線六本木駅は六本木交差点・六本木ヒルズへアクセスできる麻布十番方面、東京ミッドタウンにアクセスできる青山一丁目方面の2つの改札があります。駅を出ると高架で高速が走り、6~8車線がある六本木通りで、街は南北に大きく2分されます。

六本木ヒルズ森タワー 六本木ヒルズ森タワー

六本木通りの南側を象徴するのが複合商業施設の「六本木ヒルズ」です。高層オフィスビルの森タワーを中心に、広大な敷地にはシネコンのTOHOシネマズ、森タワー53階の森美術館、BOOK&CAFEのTSUTAYA TOKYO ROPPONGI、多くのショップや飲食店、さらにテレビ朝日の本社などが一体となって街を形成しています。また、六本木交差点から南方向へ行けば、麻布台、麻布永坂街、麻布十番方面へ。麻布十番商店街は周辺の高級住宅地とは趣きの違う下町の風情が漂います。たい焼きの老舗や銭湯があり、古くから続くお店も多いエリア。そんな風景に周辺に住む外国人ファミリーが違和感なく溶け込んでいるのも麻布十番ならではです。

東京ミッドタウン 東京ミッドタウン

一方、六本木通りの北側を象徴するのが「東京ミッドタウン」。世界各国の料理が楽しめるレストランや有名ブランドが軒を連ねるショッピングエリア、日本の古美術のコレクションで知られるサントリー美術館、ホテルのザ・リッツ・カールトン東京などで構成。隣接する区立檜町公園と一体となった広々とした緑地帯は、憩いの場として人気です。また、日本で5つ目の国立美術館である国立新美術館も近くです。

六本木アークヒルズ 六本木アークヒルズ

赤坂方面へ行けば、サントリーホールとショップ・レストランからなる「アークヒルズ」、六本木一丁目駅方面へ行けば複合ビルの「泉ガーデンタワー」など、生活の質を高めてくれる施設には事欠きません。

04| 治安:繁華街は十分に注意が必要だが、住宅街は安心

港区は、東京を代表するような繁華街や歓楽街があり、東京都内はもちろん日本全国から多くの人が集まる場所。そのため、どうしても犯罪発生件数は多くなります。よく治安の目安にされる犯罪率は、犯罪件数を自治体の人口で割って算出しますが、定住人口に対する犯罪率なので繁華街が多いエリアはどうしても高くなりがちです。

実際、港区の犯罪率は1.3%前後で、東京都の平均0.8%よりも高く、東京23区のランキングでは18位前後と下位。しかし、エリア別に見ていくと、犯罪件数の多いのは六本木や新橋、芝公園、青山といった繁華街になっており、住宅街の犯罪件数は少なく安全といえるでしょう。また、大使館が多いことから警察のパトロールが頻繁に行われているのも安心につながります。

05| マドリームが選ぶ、都心で子どもと遊べる公園

都心3区のひとつに数えられる港区ですが、区内各所に子どもたちが元気遊べる公園も点在します。エリアごとの性格を反映した、その場所ならではの遊びが楽しめる公園を3つご紹介します。

スポット①:東京タワーを仰ぎ見る「芝公園」

芝公園 芝公園

1873(明治3)年に開園した、日本で最も古い公園のひとつです。上野、浅草、深川、飛鳥山と並び、当時の太政官布達で公園として指定されました。当初は、増上寺の境内を含む広大な公園でしたが、戦後の政教分離によって境内と公園が分かれ、敷地の外周部分が都立芝公園に、さらにその一角が港区立芝公園となっています。

芝公園のイチョウ 芝公園のイチョウ

歴史ある公園だけに、クスノキやケヤキ、イチョウなどの大木がそこここあり、初春には梅の花、春にはソメイヨシノが咲き誇ります。園内からは東京タワーを仰ぎ見ることができ、撮影ポイントもたくさん。中央の芝生広場は見通しがよく、東京タワーを望む絶好のスポットです。野球場やテニスコート、児童遊園、体力測定健康歩道などが完備し、都会の真ん中で思い思いの時間を過ごせます。

スポット②:ロボットがいっぱい「さくら坂公園」

ロボロボ公園 ロボロボ公園

六本木ヒルズの南端に位置する公園で、「ロボロボ公園」の愛称で親しまれています。その由来は、公園に入ってすぐに目につく44体ものロボットが積み上げられたトーテムポールから。韓国のアーティスト・チェ・ジョンファ氏が、ブリキの玩具から着想を得て創作プロデュースしたのもの。そのほか、スプリング遊具をはじめ、公園のあちこちにロボットのモチーフが見つかります。

ロボット公園のすべり台 ロボット公園のすべり台

そして、もうひとつのシンボルが、色とりどりのカラフルな10台のすべり台。カーブすべり台、波状すべり台、チューブすべり台、回転すべり台と内容も多彩。さらに園内の傾斜を生かしたスリルたっぷりのローラーすべり台も。どれから遊ぼうか迷ってしまいそうです。すべり台の下などの地面は柔らかい素材を使用しているので、転んでも痛くないなど配慮がされています。

スポット③:東京湾の景色が一望「お台場海浜公園」

おだいばビーチ おだいばビーチ

東京湾の入江を利用した海辺沿いの公園です。東京では貴重な総延長約800mにもなる人工海浜「おだいばビーチ」が、公園のメイン部分。海水浴は禁止されていますが、ウィンドサーフィンなどのマリンスポーツが楽しめ、波打ち際で砂遊びを楽しむこともできます。また、磯浜エリアでは釣りをすることも可能です。

自由の女神像 自由の女神像

公園のシンボルともいえるのが、高さ約11mの自由の女神像。日本とフランスの友好関係を祝って開催された「日本におけるフランス年」の記念として1998(平成10)年4月に設置。好評だったため、イベント終了後の2000(平成12)年に現在のものが設置されました。

園内からはレインボーブリッジをはじめとしたウォーターフロントや東京都心のビル群などが一望。空の色が変わっていく夕暮れ時やイルミネーションが宝石のように輝く夜景など開放感あふれる景観が楽しめます。

06| 独自の支援制度:ワンランク上をいく充実の助成制度

港区では、2019(平成31)年4月時点で待機児童を解消。保育コンシェルジュによるマッチング、空きクラスの有効活用などさまざまな施策が実を結びました。また、妊娠時から出産、子育てと様々な場面で費用の助成やサポートが受けられます。

出産費用の助成
出産費用の一部を区が負担してくれる制度です。多くの自治体では42万円となっていますが、港区では73万円までの追加助成が可能となっています。

一時預かり
生後4か月から小学校就学前までの子どもについて、地域ごとの「子育てひろばあっぴぃ」という施設で1時間500円で一時預かりをしてもらえます。

子ども医療費助成
現在、中学3年生までの子どもが、診療・調剤を受けたときに発生する医療費の自己負担分を、所得上限なく区が助成しています。さらに、2023(令和5)年4月1日からは、これを高校生にまで拡大することが決まっています。体調が心配なとき、気軽に医療機関にかかれるメリットがさらに広がりました。

2人目保育料が無料
1人目の年齢にかかわらず、2人目以降の子どもの保育料を対象となる保育施設に在園している場合無料とする制度で、東京23区初の取り組みとして開始されました。

07| 港区に住みたいと思ったら、知っておきたい家賃相場と新築物件の価格帯

港の家賃や新築物件の相場は次の通りです。

賃貸マンション・アパートの目安は下記。

2DK:220,000円
3DK:250,000円
1LDK:240,000円
2LDK:330,000円


新築・分譲一戸建ては

8,000万円台後半

から多くの物件が販売されています。

中古マンションは

築5年~15年以内:10,000万円台前半
それ以上の築年数:7,000万円台後半


となります。

アントレース

この記事を書いた人

アントレース Text

blog

マドリームおすすめ 東京都の不動産・施工会社

東京都の記事一覧

最新の街の住みやすさ記事

都道府県から探す

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄