“自分らしさ”をデザインする暮らしスタイルマガジン「マドリーム」

無料で読める
電子雑誌

2021.04.28

【自腹レビュー】モスの600円食パンを実食! スーパーの食パンと比較レポート

おうち時間の増加も手伝ってか、人気の勢いが止まりそうにない高級食パン。私自身もブームにのっかり、何店舗か足を運んでもみたなかで、あのモスバーガーが高級食パンを販売するとは見逃せません! 実際に購入して食べてみた、実食レポをお届けします。

ライター:岡田絵理

ライター:岡田絵理

モスの高級食パンのお値段と販売方法は?

お値段は1斤600円。ほかの高級食パン店の相場は、1本(約2斤分)で800~1000円くらいなので、ちょっと強気なお値段です。また、気になるのがそのネーミング。「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」。バター大好きな私は、それでも絶対にのせたくなる気がするのですが、とってもそそられる名前です。

▲印象的なネーミングを全面にだしたパッケージ ▲印象的なネーミングを全面にだしたパッケージ

販売方法は少し変わっています。第2・4金曜日限定の予約販売で、予約は店舗に足を運んで行います。

▲店舗においてある予約カード ▲店舗においてある予約カード

▲こちらの内容を記入して提出します ▲こちらの内容を記入して提出します

予約の締め切りは、受取日の前週土曜日。予約時に、料金も先払いするシステムでした。この“限定感”が、なんとも期待感をふくらませます。

まずは推奨の “生”でいただきます

今回のモスの食パンは、山崎製パンとのコラボ製品ということで、ヤマザキの定番商品「ロイヤルブレッド」と比較しながら実食します。

▲モスはリッチな4枚切り。ロイヤルブレッドはスタンダードな6枚切りをチョイス ▲モスはリッチな4枚切り。ロイヤルブレッドはスタンダードな6枚切りをチョイス

モスの食パン600円、対してロイヤルブレッド156円(近所のスーパーでの販売価格)。1枚あたりの価格は、150円と26円という差になります。

モスの食パンは、まずは何もつけずに食感と風味を味わい、その後トーストでいただくのがオススメされています。対してロイヤルブレッドは、「なつかしい味わいのするスタンダードな食パン」としつつも、「“生”でお召し上がりいただく、手軽なおいしさ」も提案しているのだとか。

▲左がモスの食パン、右がロイヤルブレッド。モスはやや黄色味があります ▲左がモスの食パン、右がロイヤルブレッド。モスはやや黄色味があります

▲断面はモスの食パンが3cm、ロイヤルブレッドは2.2cmでした ▲断面はモスの食パンが3cm、ロイヤルブレッドは2.2cmでした

モスの食パンをひと口いただくと、かすかにバターの香り。厚みがあるので、フワフワ、しっとりした食感を存分に楽しめます。もっちり系ではありません。一番の特長は、耳までやわらかくおいしいこと! 確かに焼かなくても大丈夫ですが、やはりトーストしたいな、と感じたのが正直な感想です。

▲割く時は力がいらないくらい、フワフワです ▲割く時は力がいらないくらい、フワフワです

ロイヤルブレッドは、とにかくスタンダードな食パン。モスの食パンと比べるとモチモチとした生地です。やはり耳がザリッとかたく、そのままで食べて「おいしい〜~!」……とはなりませんでした。

▲割く時ふんわり感はなく、ちぎるという感じ ▲割く時ふんわり感はなく、ちぎるという感じ

いよいよ本番。トーストします!

▲左がモスの食パン、右がロイヤルブレッド。キツネ色が食欲をそそります! ▲左がモスの食パン、右がロイヤルブレッド。キツネ色が食欲をそそります!

まずはモスの食パンから。焼くと香りが立ちのぼり、バターと、少しマーガリンのような香りも感じました。ふんわりしっとりの食感に表面のサクサク感が加わり、どんどん口に入れてしまいます。耳も元がやわらかいので、軽やかな食感でした。バター好きとしては、やはりバターをのせたくはなるのですが、確かに量は少しでいいかも、と感じるリッチな味わいです。普段はトースト1枚だと少し物足りないかな……と感じますが、この食パンは厚みがあるので1枚食べるとかなり満足感がありました。

▲割くとモチィ……という感じの弾力を感じます ▲割くとモチィ……という感じの弾力を感じます

続いてロイヤルブレッド。トーストするとかなりおいしくなりました! 表面はカリッと、中はモチッとしていて、耳は歯ごたえのあるサクサク感です。バターは、やはり、たっぷりつけたくなりますが、スーパーで購入できる食パンのなかではかなりおいしいほうに感じました。価格差を考えると……、ロイヤルブレッドすごい。

▲割くとバリッと割れます ▲割くとバリッと割れます

気になるカロリーは? 消費期限や食品表示ラベルもチェック

モスの食パンは4月23日に受け取り、消費期限は4月27日。対してロイヤルブレッドは同じ日に購入し、消費期限が4月26日。1日の違いがありました。

気になるカロリーは、モスの食パンは1枚333kcal(!!!!)、ロイヤルブレッドは1枚169kcal。ちなみに1枚の重さを測るとモスの食パンは95g、ロイヤルブレッドは66gでした。ボリュームが違うとはいえ、約2倍とすごいカロリー差です……! そのほかの表示は、写真をご覧ください。

▲リッチな味わいのため、バター、卵、生クリームなどが入っているようです。 ▲リッチな味わいのため、バター、卵、生クリームなどが入っているようです。

▲モスの食パンと比べると、シンプルな原材料です ▲モスの食パンと比べると、シンプルな原材料です

まとめ

600円という、強気価格なモスの食パン。普段からモスを愛用している私としては期待も大きかったですが、ほかの高級食パン店の味・価格と比べると、特出したものは感じられなかった、というのが正直なところです。とくに生で食べた時の味わいが、少し物足りなく感じました。とはいえ、スーパーの食パンにはないリッチな味わいが、時々のプチ贅沢にぴったり。高級食パン店に比べるとあちこちに店舗があり、気軽に注文できるのも魅力なので、時々利用したくなりそうです!

※本記事記載の価格は、税込価格です