“自分らしさ”をデザインする暮らしスタイルマガジン「マドリーム」

無料で読める
電子雑誌

2020.12.24

【逗子移住】Vol.3 逗子住民はどこで買い物してる? 大船・藤沢など周辺の町を紹介

人気の逗子移住レポートvol.3。東京出身者が逗子へプチ移住し、その感想をレポートします。vol.2は、逗子市内でもエリアごとにちがうその環境と特徴について解説しました。今回は、逗子から行ける周辺の町について。ちょっと大きな買い物をしたいときや、おでかけ気分を味わいたいときに繰り出す町について、ご紹介します。

編集部:はな

編集部:はな

逗子の数少ない弱点、それは……

これまでベタ褒めを続けてきた逗子ですが、実は生活でちょっと困る点もあります。それは、家電量販店がないこと。もちろんどこの駅にでもあるようなものではありませんが、引っ越したての人間にとっては、近くにあったらな~と常日頃思ってしまうポイントです。

家電がほしいときや、ちょっとおしゃれな服を買いに行きたいとき、東京都内では新宿や渋谷、池袋などに出かける方が多いと思いますが、逗子では……? 神奈川のビッグシティ・横浜までは電車で約30分かかるので、もっと近場で買い物を済ませられるターミナル的スポットを挙げていきます。

① 大船(電車で約10分、乗り換えなし)

大船駅は、JR東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン、根岸線、横浜線と多くの路線が乗り入れ、利用者数は神奈川県内で第6位を誇るビッグターミナル。湘南モノレール江の島線の始発駅でもあり、観光地・江の島を結ぶ玄関口にもなっています。

利用者の多い駅なだけに、商業施設も充実。駅構内の「アトレ大船」には書店や飲食店があり、駅直結の「大船ルミネウィング」では、新宿のルミネなどと同じようなファッションブランドが揃い、お買い物を楽しめます。

そして、気になる家電量販店については、駅から徒歩3分ほどのスーパー「西友大船店」のビル内に「ヤマダ電機LABI大船店(仮店舗)」があります。こちらの店舗、2021年7月に開業を控える大船駅前の大型商業施設「グランシップ」内に出店予定で、その前身として現在の仮店舗となっているそうです。仮店舗とはいえ、十分な品揃えがあり、スーパーとあわせてお買い物できるのもとても便利です。

ほかにも大船駅からバス、または徒歩20分ほど歩けば家具店の「ニトリ大船店」もあり、引っ越したてにはなんともありがたい町! 東口には飲み屋街、飲食店も充実しているので、コロナが終息したらもっと開拓したいものです……。

② 藤沢(電車で約20分、乗り換え1回)

藤沢駅は、JR東海道本線、湘南新宿ライン、上野東京ラインの停車駅。小田急江ノ島線、江ノ島電鉄にも接続しています。逗子からは先ほどの大船駅で乗り換えて、アクセスすることができます。また利用者数は、JR東日本の駅の中で大船をしのぐ、県内第5位!

藤沢駅周辺は湘南地方随一の繁華街といわれ、週末には駅直結の「ルミネ藤沢」や、「湘南藤沢オーパ」に多くの若者たちが集まっています。大船にはなかった百貨店、「小田急百貨店ふじさわ」もあるので、もちろん若者だけの町ではありません。

駅前には「ビックカメラ藤沢店」があり、地上6階・地下1階の大型店舗! 行ったときに驚いたのは、自転車の品揃えです(笑)必要なものはきっとなんでも揃うでしょう。

ちなみに藤沢駅のお隣、辻堂駅には「テラスモール湘南」という駅直結の大型商業施設があり、一日中買い物や映画を楽しめるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

③ 久里浜(電車で約20分、乗り換えなし)

久里浜駅は、JR横須賀線の終着駅。徒歩5分ほどのところに京急久里浜駅もあり、逗子・葉山駅から京急でもアクセスすることができます。終着駅であるJRの駅前からはバスがたくさん出ていて、車がない人でも意外と便利に町を巡ることができるんですよ。

駅名の由来でもある久里浜港は東京湾に面していて、南房総・金谷港へのフェリーや伊豆大島への高速船が発着することでも知られています。

駅自体はこれまでの大船や藤沢と比べて小さいですが、今回ご紹介した理由は、ホームセンターがあること! 駅から徒歩15分ほどの「ケーヨーデイツー久里浜店」は、日用品や雑貨はもちろん、DIYや園芸用品、ペットコーナー、またちょっとした家電まで取り扱っており、本当になんでも揃うお店です。

ホームセンターって郊外に多く、絶対に車でないと行けないところが多いですが、こちらは徒歩または駅前からバスに乗ればお店の目の前まで行くことができるので圧倒的に便利。もちろん配送サービスもあり、1万円以上の買い物で送料無料(一部商品をのぞく)となるので、一人暮らしにもうれしい味方です。

さらに徒歩5分ほど行ったところには「ニトリ横須賀店」もあるので、こちらもあわせて久里浜のポイントアップにつながっています。

④ 鎌倉(電車で約5分、乗り換えなし)

最後は逗子のお隣、鎌倉です。まず鎌倉の隣駅が逗子ということ自体あまり知られていないのですが…(笑)、JR湘南新宿ライン、横須賀線の停車駅です。

東京から週末に遊びに来る人も多い観光地・鎌倉は、駅前から続く小町通りや、鶴岡八幡宮、江ノ電に乗って行く鎌倉大仏など、歴史情緒を感じながらお散歩をするのが楽しい町です。

鎌倉駅周辺には家電量販店やホームセンターなどはなく、さらに観光地なだけに、逗子などと比べてスーパーの物価が高いといわれています。そんななかでも買い物におすすめなのが、通称「レンバイ」と呼ばれる鎌倉市農協連即売所。地元の農家さんが協同で出店している、鎌倉野菜の直売所です。

通常のスーパーでは売っていない野菜やハーブが手に入り、コスパもよし! 鎌倉のシェフたちもこちらで食材を購入するというから品質は間違いなしです。近くに住む際には、ぜひチェックしておきたい市場です。

今回は、逗子から買い物にでかける町・駅をご紹介しました。逗子はわりとローカルな駅なので、ちょっと電車で足をのばすだけで大きな商業施設や家電量販店があり、おでかけ気分で必要な買い物も楽しめるのです。逗子近くのおでかけといえば、葉山も欠かせないエリア。今回ご紹介しきれなかった葉山についても、また次回以降お話ししたいと思います。

【プチ移住】Vol.2 海に山、自然豊かな逗子ライフ。
町ごとの特徴を解説!

【プチ移住】Vol.1 東京出身者が逗子暮らしはじめました。
気になる利便性は?

住まいのプロ・不動産店が案内する
「コノマチレポート」も読む!

新しい暮らしを考える
「移住・定住地ガイド」も読む